U-21日本代表FW田川亨介(鳥栖)

写真拡大

[1.13 AFC U-23選手権 U-21日本1-0U-23タイ 江陰]

 的確な判断だった。スコアレスのまま迎えた後半45分、クロスボールに飛び込んだU-21日本代表FW田川亨介(鳥栖)だったが、状況を確認してヘディングでゴール前に折り返す。そのボールをDF板倉滉(仙台)が蹴り込み、チームは1-0の完封勝利を収めた。

 10日の第1戦パレスチナ戦ではベンチスタートとなった田川だが、第2戦では先発出場を果たして1トップの位置に入ると、守備に重心を置くタイを相手に積極果敢にゴールに迫った。前半13分、同15分にシュートを放つなどゴールへの強い意欲を示す男に前半22分、決定機が訪れる。

 しかし、右サイドからMF高木彰人(G大阪)が放ったシュートがPA内の田川の足元に入るが、右足で狙ったシュートは枠上に外れてしまう。そして終盤には後半41分、同43分に鋭いシュートを放つも相手GKに阻まれてしまった。

 しかし、後半45分に生まれた劇的弾を演出。右サイドからMF井上潮音(東京V)が送ったクロスがファーサイドの田川の下に向かってくる。「あそこにボールが来るかなという予測で走っていたら、本当に来て、滉くんがいるのが見えたし、角度的に落とすしかなかった」。自身がシュートを狙うよりも、ゴール前で待ち構えている板倉に落とした方がゴールの確率は高い。そう判断した田川の落としを板倉がきっちりと蹴り込んだ。

 この得点が決勝点となり、2連勝を飾ったチームは決勝トーナメント進出を決めた。「最後まで粘り強く皆で戦えてゴールが生まれたのは良かったし、チームが勝てたのは良かった」と喜びを表しつつ、1トップを任されたからこそ「個人的にはゴールできなかったのが、すごく悔しい」と自身がノーゴールに終わったことを悔いた。

(取材・文 折戸岳彦)
●AFC U-23選手権2018特集ページ