敗れたレアル・マドリー【写真:Getty Images】

写真拡大

【レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル リーガエスパニョーラ第19節】

 現地時間13日にリーガエスパニョーラ第19節の試合が行われ、レアル・マドリーはビジャレアルをホームに迎えて対戦。

 スペイン国王杯5回戦2ndレグのヌマンシア戦で温存していたクリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイル、ルカ・モドリッチなどが先発出場を果たす。試合開始して81分、ルーカス・バスケスがゴール前に折り返したボールをモドリッチがフリーでシュートを放つもゴール枠内に飛ばず。圧倒的にボールを支配するもマドリーはゴールを奪えない。

 すると87分、おされていたビジャレアルが一瞬の隙を突いてカウンター。エネス・ユナルが放ったシュートはGKケイラー・ナバスが弾いたが、こぼれ球を拾ったパブロ・フォルナルスがGKナバスの頭上を越えるループシュートで先制点を決める。

 スペイン紙『アス』が公開しているデータによると、マドリーはシュート28本放っていたとのこと。何度もチャンスを作りながら1つもゴールを奪えず。結局、マドリーは0-1の敗戦を喫している。

【得点者】
87分 0-1 フォルナルス(ビジャレアル)

text by 編集部