アタランタとSPALでトレード! ドラメがSPAL、リッツォがアタランタ加入!

写真拡大

▽アタランタは13日、元セネガル代表DFブカリ・ドラメ(32)のSPALへの放出および、SPALからイタリア人MFルカ・リッツォ(25)を獲得したことを発表した。なお、今回の契約はいずれも買い取りオプション付きのレンタル移籍となる。

▽パリ・サンジェルマンでプロキャリアをスタートした左サイドバックのドラメは、ソショー、キエーボを経て2014年にアタランタに加入。昨シーズンはリーグ戦10試合に出場したものの、今季ここまでは出場機会はなかった。

▽一方、サンプドリアユース出身のリッツォは、2011年にトップチームに昇格。その後、数クラブへのレンタルを経て2014-15シーズンに復帰したサンプドリアでセリエAデビュー。その後、2016年にボローニャへ完全移籍。今季はボローニャからレンタル移籍でSPALに加入しリーグ戦11試合に出場し2ゴールを記録していた。

▽セントラルMFや左右のウイングを主戦場とするリッツォは、SPALとのレンタル契約を解消する形でアタランタに加入することになり、来夏アタランタが買い取りオプションを行使する場合、所有元のボローニャに移籍金を支払う。