昨季引退の石川直宏氏が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任

写真拡大

▽FC東京は13日、昨シーズン限りで現役引退した元日本代表でクラブOBの石川直宏氏(36)が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任することを発表した。

▽石川氏は2002年に横浜F・マリノスから加入以降、FC東京一筋で16年間プレー。J

1リーグ通算290試合49ゴールを誇り、昨シーズンをもって現役にピリオドを打った。

▽新シーズンよりクラブと、FC東京の全関係者を繋ぐパイプ役という新たな形でサポートすることになった石川氏。就任決定を受けて、次のようにコメントしている。

「このたびクラブコミュニケーターとして、新たな立場でFC東京を強く、愛されるクラブにしていく役職に就きました。今まで自分がFC東京で積み重ね感じてきた伝統と新たな歴史を融合させ、首都クラブの誇りを持ってみんなが一つになって戦っていく姿を示していけるような存在、クラブを創っていきたいと思います。今後はクラブの中で人と人をつなげていくことはもちろん、クラブとファン・サポーターのみなさま、ステークホルダーのみなさまをつなげていく役割を目指す新たなチャレンジをしていきますので、引き続き共に歩んでいただけると嬉しいです」