タイガー・ウッズ、ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】

写真拡大

スピースの91フィートパットは過去にウッズも…比較動画をPGA公開「不思議なこと。しかし…」

 米男子ゴルフのソニー・オープン・イン・ハワイ第3日は12日(日本時間13日)、世界ランク2位のジョーダン・スピース(米国)が自己最長90.8フィート(約28メートル)の超ロングパットを炸裂。その瞬間をPGAツアー公式ツイッターが公開し、反響を呼んでいたが、ミラクルパットは元世界ランク1位の英雄タイガー・ウッズ(米国)と“偶然の一致”があったという。同アカウントが「不思議なこと。しかし、事実だ…」と両者のパットを動画付きで公開し、話題を呼んでいる。

 仰天の“28メートルパット”は、あのレジェンドと“偶然の一致”を呼んでいた。PGAツアー公式ツイッターは「不思議なこと。しかし、事実だ…」とつづり、スピースとウッズの1本のパットの動画を公開している。画面が2つに分かれ、左側でパットを放っているのはスピースだ。

 グリーン上でピンまで約28メートルの位置から、慎重にパターを構えると、しっかりと振り切り、勢い良くボールを転がした。10メートル、20メートル……。スライス気味に上ってから再び下る。するとラインに乗り、カップに一直線となった。まさか――。十分な強さでカップに到達したボールは縁に当たって弾んだが、そのままカップイン。一気にギャラリーが喝采に沸いた。

 一方、画面右で同時にパットを放ったのはウッズだ。スピース同様、いったん上ってから下る難しいラインだったが、きっちりとパットを打ち、スライス気味にカップ方向へ。すると、距離感もぴったりでギリギリでカップイン。固唾をのんで見守っていたコース全体が熱狂し、両手を挙げてバンザイしたウッズは大歓声に応え、スーパーパットの歓喜に浸っていた。

およそ7秒、ほとんど同時にカップインの“珍事”

 投稿では「ジョーダン・スピースとタイガー・ウッズはキャリアを通して両者ともに91フィートパットを決めている」とつづり、ウッズが2014年のツアー大会で偶然にも同じ約28メートルのパットを沈めたことを紹介。2つともおよそ7秒でほとんど同時にカップインしているからおもしろい。

 スピースのパットを巡っては、PGAツアー公式ツイッターは「91フィート! またまたご冗談を、ジョーダン・スピース」と題し、動画付きで紹介。仰天シーンを目の当たりにしたファンから「一般人なら200回のチャンスが必要な場面だ」「スピースがスピースたらしめることをやってのけている」などと感嘆の声が上がっていたが、米メディアもこぞって取り上げ、話題を呼んだ。

 自身にとって自己最長を大きく上回るバーディーパットを沈め、脚光を浴びたスピース。しかも、ゴルフ界のレジェンドと同じように「91フィートの奇跡」を演じていた偶然まで反響を呼び、一躍、時の人になった。(THE ANSWER編集部)