表彰式後、声援に応える高梨沙羅

写真拡大

 「ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子」(14日、宮の森ジャンプ競技場)

 男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目は90メートルで3位だったが、2回目は93メートルを飛び、231・4点で今季自己最高の2位に入った。これで昨季最終戦から7戦連続のV逸は自己ワースト記録となったが、今季初めて“欧州2強”の一角を崩した。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が251・6点をマークし、前日に続く連勝で今季4勝目をあげた。今季2勝のカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が3位、日本の伊藤有希(23)=土屋ホーム=は5位だった。

 自己ワーストの7戦連続V逸の中でも、少しだけ視界が開けた。1回目を終え、3位で迎えた勝負の2回目。力強い飛び出しから、美しい放物線を描いて93メートルを記録。アルトハウスを逆転し2位で、今季6戦目にして初めて“欧州2強”の一角を崩した高梨は「着実に前進してる」とうなずいた。

 特に収穫だったのは、飛型点だ。テレマークを入れきれなかった1回目から、意識を変更。「着地の時に頭から突っ込むイメージを持った。頭がおかしい考え方かなと思ったけど、最後まで粘れた」と、2回目はルンビと並ぶトップタイのスコアをマークした。

 2回目で98・5メートルの最長不倒をマークした絶好調のルンビとは、20・2点差。距離にして10メートルの差を付けられた。アルトハウスの2回目が失敗ジャンプで「運が良かった」という要素があったのは確か。悲願の金メダルを狙う五輪に向け、まだまだ厳しい立場にいることは間違いない。

 ただ、この日は「少し柔らかめ」という茶色のスーツを試すなど、まだまだ試行錯誤を続けている段階。あと1カ月。伸びしろはあると確信している。「勝ちたい気持ちは持っているし、(ルンビらに)食らいついて、超せるようにしたい」。今は少しずつ牙を研ぎ、逆襲の機を伺う。