ボリューム満点!自宅で作れる簡単サムゲタンとは?

写真拡大

韓国料理の専門店などで食べることのできるサムゲタン。食べたことはなくても、その名前を耳にしたことのある人は多いのでは? お店で出されるものは、比較的手の込んだ、時間のかけたものが多いですが、自宅でもレシピによっては簡単に作れるんです。サムゲタンはどんな料理か、作り方を交えて紹介します。

栄養満点!サムゲタンとは

サムゲタンは韓国料理で鶏肉とともに高麗人参などの漢方、もち米、くるみ、にんにくなどを入れて煮込んだ料理です。漢方がたくさん入っているため、薬膳料理や滋養食として食べられているそうです。

韓国では、夏バテ時の疲労回復としてよく食べられているそうで、日本でいうウナギのような位置付けといわれているのだとか。本格的なお店では、鶏を丸ごと一羽入れて作ることもあるんですよ。

簡単手軽!サムゲタンレシピ

本格的なものは手間暇がかかるばかりでなく、薬膳など入手しづらい食材も多いですが、日本で手に入りやすい食材だけでも、簡単に美味しく作ることができます。

【材料】

・手羽元…8本

・長ネギ…1本

・もち米…大さじ3

・素麺…1束

・水…1500cc

・いりごま…適量

★顆粒だし…小さじ2

★酒…大さじ2

★塩…大さじ1

★おろしにんにく…小さじ2

★おろししょうが…小さじ2

【作り方】

1)深鍋に水1000佞伴蟇元を入れ、強火にかけて灰汁を取る

2)中火にし、もち米を入れてフタを被せ、20〜30分煮込む

3)水500佞鬚弔足し、★の材料を加える

4)湯がいた素麺を入れる

5)細めのななめ切りにした長ネギを加え、ひと煮立ちしたら火を止める

6)皿に盛り、トッピングで小口切りにしたネギ、いりごまを散らして完成

鶏肉は他の部位でもOKですが、骨から出汁が出るので、必ず骨つきのものにしましょう。塩気が足りない場合は、食べるときに塩を追加してください。

本場韓国では漢方たっぷりで夏にぴったりの料理ですが、お手軽レシピなら冬に温まるのにぴったり! 時間があったら煮込む時間を増やして、鶏肉をほろほろにしていただきましょう!

(文・姉崎マリオ)