3位となり記念写真に納まる高梨沙羅(右)。左は2位のアルトハウス・カトリーナ、中央は優勝のルンビ・マレン=札幌市宮の森ジャンプ競技場(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「スキージャンプ・女子W杯」(13日、宮の森ジャンプ競技場)

 史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(クラレ)は1回目、2回目とも93メートルの238・2点で3位。3戦連続表彰台となったが、これで今季は5戦未勝利となった。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が252・9点で今季3勝目。今季2勝のカタリナ・アルトハウス(ドイツ)が248・6点で2位だった。

 今季すべての試合でトップ2を独占しているルンビ、アルトハウスの欧州2強が、札幌でも強さを見せつけた。不利な追い風条件の1回目で95・5メートルを飛び優勝したルンビは「いいパフォーマンスだったと思う。満足している」と、満面の笑み。2回目にこの日の最長不倒となる96メートルを飛んだアルトハウスも「完ぺきではなかったけど、やれることはやった。満足」と、うなずいた。

 平昌五輪でも日本勢の最大の壁となることは間違いない。ただ、2強も実績に富む高梨のことは警戒しているようで、アルトハウスが「今季は望んでいる成績ではないかもしれないけど、それでもいいジャンパー。変わらず強い選手」と話せば、ルンビも「ベストではなくてもいいジャンプを飛んでいる。五輪では私たちと同じように素晴らしいジャンプをしてくると思う」と、復活を予感していた。