画像提供:マイナビニュース

写真拡大

小泉成器は1月12日、5段階圧力の本格調理が時短で実現できる「マイコン電気圧力鍋」(KSC-3501/R)を発売した。価格はオープンで、推定市場価格は税別12,800円。

本体前面に5種類の自動調理ボタンを搭載。調理の名前をそのまま記載した「角煮」「肉じゃが」「煮豆」の3種類の煮物のワンタッチボタンと、「炊飯」と「玄米」の2種類の炊飯ボタンを備える。

料理研究家の平沢あや子氏が監修したレシピブックが付属し、[朝・昼・夜ごはん][おもてなし][おつまみ][作り置き][ヘルシースイーツ]など、目的に応じた51種類の料理のレシピを掲載。食材と調理内容に応じた、5段階圧力の設定が分かりやすく表記されており、迷わずに操作できる。

小泉成器では、「ときどき頑張らずにごはんを作りたい」「時間をかけずに美味しいものを自炊したい」というニーズに応える調理器具としてアピールしていく。

本体サイズはW260×D280×H250mm、重量は約3.8kg。調理容量は約1.6Lで、予備容量(満水容量)が約2.5Lとなる。消費電力は600W、最高圧力は70kPa。予約は最大19.5時間に対応し、調理ご保温タイマーは最大12時間に対応する。付属品は電源コード、計量カップ、おたま、しゃもじ、レシピブック。