80kgの人なら4kg減で乳がんの発症リスク12%低下(depositphotos.com)

写真拡大

 20世紀半ば以来の世界的な医学の進歩で、心疾患や脳血管疾患など、多くの病気の死亡率は大幅に低下してきた。一方、この60数年で「がん」の死亡率はあまり変わっておらず、がん研究者の戦いは依然として続いている。

 近年は特に「糖尿病」や「肥満」と「がん」の関係について、世界中で精力的に研究が行われてきた。ちなみに、世界の成人糖尿病患者は約4億2200万人、過体重(BMI25以上)または肥満(BMI 30以上)の成人は約20億人と推定されている。

 そして最新の研究では、2012年に発症したがんの6%が(世界175カ国)、糖尿病や肥満が原因であることが判明。『The Lancet Diabetes & Endocrinology』(2017年11月28日オンライン版)で報告された。

年間80万人が肥満と糖尿病で「がん」に!

 論文を発表したのは英インペリアル・カレッジ・ロンドンのPearson-Stuttard氏らの研究グループ。これは、糖尿病と肥満ががんを引き起こすことを、初めて定量化して確かめた研究だ。

 彼らは世界175カ国から、2002年の糖尿病と過体重・肥満の有病率を推定するデータと、糖尿病や過体重によるがんの相対リスクに関するデータを収集。世界各地域のがん罹患や死亡に関する疫学データを用い、2012年に発症した12種類のがんついて、糖尿病や肥満との関連を推計した。

 解析の結果、2012年に新たに発症したがんのうち、約2%の28万100件は糖尿病を原因とし、約4%の54万4300件は過体重・肥満を原因とするものだった。また全体の5.6%は、糖尿病と過体重・肥満の両方が原因であり、年間で79万2600件に上ることがわかった。

 なかでも「肝臓がんの24.5%」「子宮内膜がんの38.4%」は、糖尿病や過体重・肥満が原因と考えられ、特に影響が大きかった。

 また、糖尿病に関連したがんの26.1%と、過体重に関連したがんの31.9%は、1980〜2002年にかけて糖尿病や過体重が増加した影響によるものと考えられた。

 こうした糖尿病や過体重・肥満によるがん症例の多くは経済的に裕福な欧米各国で多くみられ、東アジアと東南アジア諸国がこれに続いていた。

 筆頭著者であるPearson-Stuttard氏は「肥満や糖尿病の患者を減らさなければ、これらのリスク因子によるがん発症は世界的に増加し続けるだろう」と警鐘を鳴らし、糖尿病と肥満の予防とスクリーニング対策を強化するよう努力するべきだと話す。

高血糖やホルモン低下が<細胞のがん化>に......

 そもそも糖尿病や肥満が、なぜ「がん発症」に影響するのだろうか?

 糖尿病ががん発症の危険性を高めるメカニズムとしては、「高インスリン血症」がある。インスリンは細胞を成長させ増殖させるホルモンであるため、増え過ぎると細胞のがん化に繋がると考えられている。また、高血糖自体による慢性の炎症が、がんを引き起こしているという説もある。

 肥満・過体重については、特に内臓肥満によって「アディポネクチン」という糖尿病や動脈硬化を抑制する善玉ホルモンが低下することが、がん化の一因と推測されている。

 日本でも日本糖尿病学会と日本癌学会による調査で、糖尿病患者では全がんの発症リスクが1.2倍(男性1.19倍、女性1.19倍)に上昇することが明らかになっている。がんの種類別にみると、発症リスクは膵臓がんで 1.85倍、肝臓がん 1.97倍、大腸がん は1.40倍に上昇するという。

閉経後3年間で5%減量すれば「乳がん」リスクが12%減る

 一方、閉経後の女性が3年間で5%ほど減量するだけで、「乳がんのリスクが12%減る可能性がある」という新しい研究結果が、米サンアントニオ乳癌シンポジウム(2017年12月5〜9日)で発表された。

 米シティ・オブ・ホープ病院のRowan Chlebowski氏らは今回、閉経後女性6万1335人を対象に、研究開始時と3年後に体重を測定して追跡調査した。研究参加当時(1993〜1998年)の女性の年齢は50〜79歳で乳がんの既往歴がなく、マンモグラフィー検査の結果も正常であった。

 平均11.4年の追跡期間中に3061人が浸潤性乳がんを発症。解析の結果、追跡期間中の体重に変化がみられなかった女性(約4万1100人)と比べて、5%以上減量した女性(約8100人)では乳がんの発症リスクが12%低下した。また、15%以上減量した女性では、乳がんリスクは37%低下することも分かった。

 これまで肥満が乳がんのリスク因子である可能性は示されていても、実際に減量がリスク低減につながるのか否かは、明らかにされていなかった。

 Chlebowski氏は「適正体重にならなくても、わずかな減量で乳がんリスクの低減効果が得られるとする今回の結果は、多くの女性にとって励みになるだろう。5%程度の減量であれば取り組みやすく、体重も維持しやすい」と述べた。

 多くの人にとって、肥満と血糖値というリスク因子は自分の意志でコントロールできるもの。食事や運動などの生活スタイルを見直し、生涯にわたって適正体重を維持することの大切さを、もっと広く伝えていくことが必要になるだろう。
(文=編集部)