日本勢最上位につけた片岡大育(写真は初日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇12日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
ハワイにあるワイアラエCCで行われている米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」第2ラウンド。初日の“64”に続き、2日目には“63”を叩きだしたブライアン・ハーマン(米国)がトータル13アンダーまで首位で大会を折り返した。
【スイング連続写真】賞金王・宮里優作は細い軸で回転できる筋力がスゴイ
2位タイには首位から出たクリス・カークをはじめ(米国)、トータル10アンダーのトム・ホージ、ザック・ジョンソン、ジョン・ピーターソン、テイラー・グーチ(共に米国)の5人。
日本勢は片岡大育がトータル7アンダー・12位タイで最上位。次いで今平周吾がトータル2アンダー・63位タイ。その他、小鯛竜也はトータル4オーバー・125位タイ、昨年の賞金王・宮里優作はトータル5オーバー・134位タイ、賞金ランキング2位の小平智はトータル10オーバー・143位と最下位で予選落ちとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「ソニー・オープン・イン・ハワイ」第2ラウンド結果
【注目選手スイング解説】今平周吾、フォローで左ヒジが曲がっていても問題ない!?
【注目選手スイング解説】FWキープ率上位の片岡大育は再現性の高い“小回り型”
【注目選手スイング解説】小鯛竜也の基本に忠実な振りはアマも参考にできる
【注目選手スイング解説】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト