日本でもおなじみ、スウェーデン発の家具メーカー「IKEA」が、本国のとある雑誌に掲載した広告が話題を呼んでいるのをご存知? その理由は、斬新すぎるアプローチ!

スウェーデンで人気の女性誌『Amelia』に掲載された「IKEA」の広告。一見なんの変哲も無いベビーベッドの広告のようにも見えるけれど、実は広告の下部分にある横長の切り抜きが妊娠検査薬なんだそう! この斬新かつキャッチーな広告は、今やアメリカの人気トーク番組などでも取り上げられるほど注目されているほど。

しかも妊娠している場合、そこに尿をかけた数分後には、値引きされた値段が浮かび上がる仕組み!

IKEA広告
赤い文字で浮かび上がったのは、約半額に値引きされた価格!

広告の上部に書かれているのは、「この広告に尿をかければ人生が変わるかもしれません」という一文。確かに、この広告がきっかけで妊娠が発覚すれば人生は変わるけれど…(笑)。

なお、妊娠している証拠として、その新たな値段が浮かび上がった広告を店舗に持って行く必要はあるのかというと、そういうワケでは無いそう。「IKEA」の広報担当者によれば、「広告を持ち込む必要はありません。Family Clubに入会していただければ結構です」とのこと。

さらに、企業のスローガンを体現するための広告であることも告白

「日常には退屈なこともありますが、人生が変わるような夢のような瞬間も存在します。そのような瞬間にもIKEAは立ち会いたいのです。スローガンである『人生が起こるところにIKEAがある』を極限に表現したのがこの広告です。『命が生まれる瞬間』以上にこのスローガンが合う瞬間は存在しないのではないでしょうか?」

世界が驚いた、妊娠検査薬付き広告。キャッチーであることはもちろん、その裏側にある意図にほっこり♡