ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク2位スピース、自己最長の91フィートパット炸裂「一般人なら200回必要だ」

 米男子ゴルフのソニー・オープン・イン・ハワイで、世界ランク2位の名手が90.8フィート(約28メートル)の超ロングパットを沈め、ギャラリーを熱狂させた。自身最長となるミラクルパットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが「91フィート! またまたご冗談を」と動画付きで公開すると、ファンから「クレイジーな記録だ」「一般人なら200回のチャンスが必要な場面だ」と驚嘆している。

 こんなに長いパットが入るのか。仰天の“28メートルパット”で熱狂を呼んだのは、ジョーダン・スピース(米国)だ。12日(日本時間13日)の大会第2日、5番パー4だった。

 2打目はグリーンオンしたが、大きなグリーン上でピンまで約28メートルを残していた。なんとか距離感を合わせてパーを……という場面だが、信じられないパットを演じた。慎重にパターを構えたスピース。しっかりと振り切り、勢い良くボールを転がした。10メートル、20メートル……。スライス気味に一度上ってから再び下る。するとラインに乗り、カップに一直線となった。

 まさか――。十分な強さでカップに到達したボールは縁に当たって1回弾んだ。しかし、そのまま脇に弾かれることなくカップに消えた。固唾をのんで見守っていたギャラリーも一気に喝采に沸いた。熱狂と化す中、得意げに笑みを浮かべたスピースはキャディーの胸を叩き、喜びを表現していた。

反響続々「ジョーダンは、やはりジョーダン」「なんてことやってのけるんだ」

 仰天の28メートルパットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターは「91フィート! またまたご冗談を、ジョーダン・スピース」と題し、動画付きで紹介。映像を見ると、カップの手前から捉えたスピースは小さく映るばかりで顔すら認識できない距離だが、どんどん近づいてきた白いボールがカップインしている。

 また、PGAツアーメディアのアカウントによると、90.8フィートのバーディーパットは従来の52.1フィート(約15.9メートル)を上回り、自身のキャリア最長だったことを紹介。これを受け、PGAツアーのアカウントは「彼のキャリアで最も長距離のパット。ジョーダンは、やはりジョーダンだ」と再び紹介し、それぞれの投稿にはファンから驚嘆の声が上がった。

「一般人なら200回のチャンスが必要な場面だ」
「スピースがスピースたらしめることをやってのけている」
「クレイジーな記録だ」
「90フィートだって? おいおい、なんてことやってのけるんだ」
「ビューティフル・ショット」
「最高の一撃をありがとう」

 このようにコメントが続々と投げかけられていた。前日には8番パー4で4連続で木に当てるという悲運で8打を叩き、話題を呼んでしまった世界2位の名手だが、この日は仰天の28メートルパットでギャラリーを沸かせた。(THE ANSWER編集部)