U-21タインニエン新聞国際サッカー選手権に挑んだ横浜FC U-21【写真:宇佐美淳】

写真拡大 (全2枚)

横浜FC U-21が連覇。質の高さにベトナム国内から大賛辞

 毎年開催されるU-21タインニエン新聞国際サッカー選手権。若手の登竜門ともされる同大会に日本からは横浜FC U-21が2大会連続で参加し、見事に連覇を成し遂げた。同チームは対戦相手から賞賛を受けただけでなく、日本の若手育成システムの在り方を証明し、ベトナム国内からの大きな関心を集めている。(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

----------

 ベトナムの大手新聞社タインニエンが主催しているU-21タインニエン新聞国際サッカー選手権(INTERNATIONAL U21 FOOTBALL TOURNAMENT YOUTH NEWSPAPER CUP)が今年も開催され、日本から招待出場した横浜FC U-21が2連覇を達成した。今大会での若き横浜FCイレブンの活躍は、現地メディアでも連日大きく取り扱われ、「サッカーの質が東南アジアとは違う」「日本人から学ぶことは多い」などと称賛の声を浴びた。

 2大会連続の出場となった横浜FCでは、今大会をU-21世代に国際経験を積ませ、成長を促す貴重な機会として位置づけているという。横浜FC所属のU-21選手を中心に、大学リーグ所属選手を選抜して、クラブおよび各所属大学の賛同と協力を得てチーム編成してベトナム遠征に臨んだ。

 12月12日から22日にかけて、穀倉地帯メコンデルタ地方の最大都市カントーで開催された今大会には、昨年王者である横浜FCのほか、U-21ベトナム選抜、U-19ベトナム代表、U-21タイ代表、U-21ミャンマー代表の計5チームが出場した。

 横浜FCは、総当たり戦で行われたグループステージを3勝1分の無敗で首位突破。決勝では、地元の大声援を受けたU-21ベトナム選抜を、いずれもセットプレーから挙げた2ゴールにより、2-0で下して優勝を決めた。

 今大会で横浜FCに敗れた各チームの監督たちは、試合後の記者会見で「横浜FCは、試合に入るまでの準備からして違った」「選手一人ひとりの戦術理解力の高さ、ピッチ上での表現力も、東南アジアとは大きな差を感じた」と口々に語り、脱帽の様子だった。

 横浜FCは他の東南アジアのチームと異なり、真冬の日本から常夏のベトナム南部での大会に出場ということで、コンディション面で不利なことも多かったはず。チームを率いた早川知伸監督(横浜FCトップチームコーチ)は、初戦でU-19ベトナム代表を3-1で下した際「チームの状態は70%」、その後、U-21タイ代表に2-0で勝利したときは、「まだ80%」と話していたが、大会の中で徐々に調子を上げていったようだ。

 今大会の横浜FCのメンバーを見てみると、トップチーム所属は、GK市川暉記、MF前嶋洋太、FW齋藤功佑の3人のみで、いずれもまだ若く経験が浅いためレギュラーを掴むには至っていないのが現状。多くのメンバーは、17〜19歳で他の出場チームよりもさらに平均年齢が若かった。彼らにとっては、めったにない国際試合の機会ということで、モチベーションはかなり高かったと言える。

ベトナムが追いかける日本の若手育成システム

 横浜FCは今大会、日本人らしいハードワークと高い組織力のサッカーで観客を魅了した。過去2大会で見せたパフォーマンスは、攻撃的でスピーディーな展開を好むベトナムのサッカーファンにとって、非常に好感の持てる内容だった。

 昨年の大会では、 “ベトナムのメッシ”ことグエン・コン・フオンら、現在のA代表の主力を多く擁するU-21ホアン・アイン・ザライ(HAGL)の3連覇を阻んで優勝を決めたということもあり、ベトナムにおいて、横浜FC U-21は既に一目を置かれる存在だったが、今回、若手の登竜門と考えられる同大会を制したことで、日本の選手育成に対する関心が一層高まっている。

 長年、八百長やラフプレーが横行してきたベトナムサッカー界では、将来的な発展のためには、サッカーの技術だけでなく、見識と道徳を併せ持った選手を育てることが重要と考えられており、10年ほど前から若手育成に力を入れ始めている。

 ベトナムには、グエン・コン・フオン(元水戸)を育てたHAGL、ライアン・ギグスをアカデミーダイレクターに招いたPVF、“ベトナムの英雄”レ・コン・ビンを輩出した“サッカー王国ゲアン”のソンラム・ゲアン(SLNA)、あらゆるカテゴリーの国内大会で常に優勝争いに絡んでくるハノイFCをはじめ、特に育成に注力しているクラブが幾つかある。

 ベトナムサッカー関係者の中には、日本の若手育成システムこそベトナムが目指すべきものと考えている者も多いようだ。

今大会の各賞の受賞チームおよび受賞者は以下の通り

優勝:横浜FC U-21(賞金1万2000USドル)
準優勝:U-21ベトナム選抜(賞金7000USドル)
3位:U-21ミャンマー代表(賞金5000USドル)
フェアプレー賞:U-19ベトナム代表(賞金3000USドル)
最優秀選手:齋藤功佑(横浜FC)
最優秀GK:市川暉記(横浜FC)
得点王:松岡瑠夢(横浜FC、4ゴール)

(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

text by 宇佐美淳