練習に臨む日本ハム・清宮=鎌ケ谷スタジアム(撮影・加藤圭祐)

写真拡大 (全2枚)

 日本ハムの新人合同自主トレーニングは12日、千葉・鎌ケ谷市の球団施設で第2クール初日を迎えた。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が初めて屋外でのノックに臨み、三塁守備に本格挑戦する考えを表明。

 清宮が早くも、プロ意識の高さを見せた。この日はランニングメニューなどで「Citric(シトリック)」と書かれた自身専用のドリンクボトルを持参。スキージャンプの葛西紀明らが契約するサプリメントメーカーのもので「飲むものも体に入るものの一つ。いろいろと工夫しながらやっていきたい」と、疲労軽減効果があるクエン酸を水に溶かして携帯していた。打撃練習では、すね当て、肘当てを自身の判断でフル装着。「着けないで当たったら、バカみたいなんで」と説明した。