1週間の頻度は全国平均 2.94回(depositphotos.com)

写真拡大

 オナニーに及ぶ男性の生態を浮き彫りにした「オナニー国勢調査 全国男性自慰行為調査2017」(TENGA HEALTHCARE CONTENTS)が行われた。早速、その結果を覗いてみよう。

 発表によると、今回のインターネットによるアンケート調査は、楽天リサーチ株式会社が2017年9月25日〜28日にわたって実施したもの。調査対象は、現在マスターベーションを行う頻度が「2, 3ヵ月に1回程度」以上の15歳-64歳の男性2,000人を、15歳から5歳刻みで10グループ各200名に分けて調査した。
 
 まず、「1週間のマスターベーション回数」は、全国平均 2.94回。「都道府県別マスターベーション頻度」は、神奈川県が全国1位の3.77回。兵庫県3.65回、静岡県3.45回と続く。最下位は徳島県の 1.95回だった。

マスターベーション時に見るものNO.1は、実写アダルト動画!

 マスターベーションの姿勢は、「椅子に座る」が33.6%、「仰向け」が27.9%、「横寝」が12.1%、「あぐら」が11.5%、「うつ伏せ」が4.4%、「立った状態」が4.3%、「膝立ち」が2.9%、「正座」が2.6%、「四つん這い」が0.4%......。

 実に多様なマスターベーションの姿勢があることは驚きだ。

 マスターベーション時に見るものランキングは、「実写アダルト動画(無料)」が9.5%、「実写アダルト動画(有料)」が17.7%、「妄想のみ」が13.1%、「アダルトマンガ」が9.9%、「アダルトアニメ(無料)」が9.9%、「グラビア写真」が7.0%、「アダルト雑誌」が6.0%、「何もオカズにせずただ刺激する」が2.6%、「官能小説」が2.1%、「テレビ番組」が1.4%、「アダルトアニメ(有料)」が1.1%、「音声のみで行う」が0.8%......。

 年代別では、20~30代が「実写アダルト動画(有料)」で24.8%、10代が「アダルトマンガ」で27.5%だった。

 マスターベーションで使うインターフェースは、30代を境に若年層が「スマホ」、高齢になるほど「PC」という傾向だった。今後は、バーチャルリアリティ(VR)などが進歩すれば、マスターベーションスタイルが大きく変化しそうだ。

腟内射精障害の原因の7割は不適切なマスターベーション!

 「初射精のきっかけ」は、年齢が上がるにつれて「夢精」が多く、「マスターベーション」が少ない。初射精の平均年齢は「60代が13.4歳」、「10代が12.4歳」となっている。

 「普段やっているマスターベーションランキングトップ5」は、「手を上下にピストンさせペニスを刺激する」が95.4%、「射精直前に寸止めする」が10.5%、「脚をピンと緊張させる」が8.6%、「ローションを使う」が6.4%、「布団などに擦り付ける」が6.35%。その他、「石鹸を使用」が4.2%、「アナルを使用」が0.8%、「水流をかける」が0.8%、「振動を与える」が4.2%、「風を当てる」が0.6%、「自分でフェラチオ」が0.6%も......

 不適切なマスターベーションにあたるものは、床などにペニスを擦りつける(床オナ)、脚をピンとさせた状態で行う(脚ピン)、強く握り過ぎる(強グリップ)、速く動かし過ぎる(高速ピストン)、水流をかける、振動を与える、など多岐にわたる。

 このような腟内環境とはかけ離れた刺激によるマスターベーションは、「腟内射精障害」の原因の7割に該当するとされる。日本の腟内射精障害の患者数は、約270万人(成人男性の約20人に1人)と推定されている。

 また、不適切なマスターベーションを「普通だ」と思っている人の割合は、「脚をピンとさせた状態で行う(脚ピン)」が68.4%、「床などにペニスを擦りつける(床オナ)」が52.0%、「水流をかける」が60.0%、「振動を与える」が42.9%だった。脚ピンや床オナは、10〜30代の10人に1人以上が行っている。腟の中で射精できない「腟内射精障害」を引き起こす恐れがあり、危険だ。

 気軽に相談する相手は、「いない」が71.1%、「同性の友人1」が9.8%、「恋人や配偶者」が8.8%だった。不適切なマスターベーションを行っている人の多くが「普通だ」と思っていることに一因があるのだろうか。

 コミュニケーションをとらないことが、不適切なマスターベーションを習慣化させ、腟の中で射精できない腟内射精障害につながっているのかもしれない。

 一人で楽しむマスターベーション。その極意は自分がよく知っている。だが、そのリスクも十分注意しておきたい。
(文=編集部)