Photo by cinemacafe.net

写真拡大

石原さとみが主演し「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子が脚本を手がける新金曜ドラマ「アンナチュラル」が1月12日放送スタート。ある男性の“不自然死”を巡って二転三転する緊迫感ある展開にSNS上は「テンポいい」「飽きない!」などの声で溢れている。
日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描き、毎回様々な「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、1話完結型の医療サスペンスである本作。

石原さんが日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”である三澄ミコトを演じ、ミコトの“倍”の解剖経験がありミコトとしばしば衝突するUDIラボの法医解剖医・中堂系に井浦新。三澄班の記録員で医大生・久部六郎に窪田正孝。仕事よりプライベート優先の三澄班の臨床検査技師・東海林夕子に市川実日子。UDIラボの所長・神倉保夫に松重豊といった俳優陣が出演。

第1話では、突然死した男性の死因調査を依頼されたミコトらが、当初は男性の恋人が“未知の毒物”を盛られたのではないかと疑うものの、その後原因が「MERS(中東呼吸器症候群)」と判明するというストーリー。ミコトは男性が海外出張でMERSに感染したと考え、そのせいで男性の遺族がバッシングを受けるのだが、実は男性がMERSに感染した原因は、男性が帰国後に健康診断を受けた大学病院での院内感染だった…という結末。

不自然死(アンナチュラル)の原因が二転三転するストーリー展開に、ミコトたちとともに“謎解き”しながら視聴した人も多かった様子。

当初は「この恋人が犯人なんですね分かります」「カーペットに毒を仕込んでおいて、空気中に舞い上がった毒を吸わせて殺した……??」など、毒物による殺人だと考えていたツイートが多かったが、その後死因がMERSと判明、その余波で死亡した男性の遺族がマスコミに責められる場面では「これは思ってたよりシリアスなドラマだ」「この御両親の様子見てるの、きつい……」などの声が多数投稿されていた。

しかし、このあとさらなる“どんでん返し”で本当の死因が院内感染だったと判明すると「凄い。下手な毒殺事件よりずっと面白い展開」「二転三転と展開が変わっていく!」「思ってたのより、二、三枚設定盛られてたアンナチュラル。よい」「面白かった!テンポよくて飽きない」などのツイートでタイムラインが溢れかえっていた。

これまでの医学モノとは一味違うテイストに「海外ドラマを意識したドラマ」という声もあり、次週放送される第2話にも期待が高まるところだ。

(笠緒)

■関連記事:
井浦新、2018年も“大人の男の魅力”が止まらない!『光』「アンナチュラル」ほか
石原さとみ、「逃げ恥」脚本家からの絶賛に笑顔!
【インタビュー】石原さとみ×井浦新×窪田正孝、新鮮さと驚き溢れる撮影を明かす「アンナチュラル」
竜星涼、石原さとみ主演「アンナチュラル」に参加!「怪しみ秘めた」葬儀屋に
西野七瀬の可愛さに「野村周平と代わりたい」の声続出「電影少女」第1話、ネット反応は!?