『MASKMEN』野性爆弾くっきープロデュースの新人芸人・人印の正体は斎藤工だった!

写真拡大

 テレビ東京ドラマ25『MASKMEN』の第1話が放送され、野性爆弾くっきーがプロデュースする新人芸人・人印(ピットイン)の正体が斎藤工であることが明らかになった。

参考:石原さとみの白衣の下にも注目! 『逃げ恥』脚本家ドラマ『アンナチュラル』の見どころ徹底解剖

 『MASKMEN』は、芸人デビューを果たした人印(ピットイン)の記録として、プロデュースした野性爆弾くっきーとともに、人印の成長、芸人の葛藤を追ったドキュメンタリードラマ。

 第1話でマスクを取り、その正体が俳優・斎藤工であることが明らかになった人印。第2話以降では、人印誕生の経緯や、人印に扮する斎藤がお笑い芸人としてどのような活動をしているのかなどが、徐々に明らかになっていく。

 人印を演じる斎藤、プロデュースを担当した野生爆弾のくっきーからはコメントが寄せられている。また、本作のエンディングテーマ「マスカレイド」は、X JAPANのToshlがこの番組のために書き下ろした新曲。Toshlも楽曲に込めた思いについてコメントしている。

【斎藤工(人印役)コメント】ふと、無意識に周りに対し背伸びしたり整えたりカッコつけてる自分が嫌になった事はありませんか?これはそんな男のドキュメントです 。

【野性爆弾くっきー コメント】さぞ人民の皆様は御驚きになられたでしょう。ピットちゃんの勇姿、とくとご覧あれ。誉(ほま)誉(ほま)誉(ほま)

【X JAPAN Toshl コメント】楽曲制作のオファーをいただき、実際に斎藤工さんとお会いして、お話をさせて頂く中で、すぐに「マスカレイド」というタイトルが浮かんできました。自分の人生ともどこか重なるような、斎藤さんの想い、そして新たなチャレンジを心から応援したいと思い、沸き起こるメッセージを詩にし、気合いを入れて楽曲制作し、魂を込めて歌いシャウトしました。

(リアルサウンド編集部)