声優・野沢雅子、ゲスト出演したドラマ『#声だけ天使』舞台挨拶で「“出る”のは嫌いなんですよ」

写真拡大

 AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品『#声だけ天使』の完成披露試写会が、1月12日に東京・池袋の自由学園明日館にて行われ、主要キャストである亀田侑樹、佐久本宝、松本妃代、久ヶ沢徹、山口景子、仁村紗和、尾形竜太監督、そして第1話にゲスト声優として登場する野沢雅子が登壇した。

参考:AbemaTV初のオリジナルドラマは若手キャストに注目!? 『#声だけ天使』への期待

 同ドラマは、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、『スーパー歌舞伎 II ワンピース』など数々の舞台やドラマを手がける横内謙介がAbemaTVのために書き下ろした青春群像劇。アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く。

 亀田、佐久本、松本、久ヶ沢、山口の5人は、主人公のケンゾウらが立ち上げるボイスサービスサイト“イケてるボイスサービス(仮)”のメンバーを演じているが、ケンゾウにボイスをリクエストするさくら役の仁村は、他の共演者たちと撮影現場でもまったく会うことがなかったと明かしながら、「一緒にここに並んでいるのが不思議なぐらい」と心境を告白。久ヶ沢も「同じドラマなのに全然パートが違った。さっき楽屋でやっと仲良くなれた」と話すと、共演者からは「それは言い過ぎ!」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれる。

 声優業界を舞台にした本作。どういう人に観てほしいかを問われた亀田は、「いま夢を追っている人たちにすごく観てほしい。この物語もそうですけど、夢を追うのには楽しいこともあれば、辛いことも悲しいこともたくさんある。そういう時は独りよがりになってしまうと思うけど、周りを見たら“イケボイ”メンバーのような支えてくれたり助けてくれたりする仲間が絶対いる。そういう人たちの背中を押す作品になれば」と力強く語った。

 会見の中盤には、第1話のゲスト声優として登場する野沢雅子が壇上に。声優としてだけではなく、今回は実際に“出演”もしていることについて、野沢は「苦手です」とキッパリ一言。続けて、「私、出るの嫌いなんですよ。劇団にいたから、役として出るんだったらいいんですけど、割と素じゃないですか。“野沢雅子”として出ているので」と話した。

 出演者から野沢に対しての質問コーナーに移ると、声だけで恋愛が発展していく本作のストーリーにちなんで、仁村から「恋人役を演じている声優さん同士で恋に落ちちゃうことは?」という質問が。野沢が「ありますよ! 結婚する方多いですよ」と答えると、壇上からは驚きの声が上がる。「中に入り込むから錯覚を起こすんですかね? 私は全然ならないですけどね。役は役としてやっています」と野沢が続けると、久ヶ沢が「錯覚で結婚した方々はその後も続くんですか?」と質問。野沢が「いろいろですね〜。いろいろですよね」とが答えると、会場は爆笑の渦に包まれた。

 野沢は最後に、「いま声優さんを目指している人は多いんですけど、ただ好きなだけでなれる世界でもない。私は『声優さんになりたかったら、普段からたくさんウォッチングしていてください』と言うんです。“自分じゃないもの”になるから、いろんな人の喋り方や動作、クセなどを自分の引き出しにたくさん入れておいていただいて。引き出しが多いほど、いい役者になれると私は思っています」と、声優を目指す若者に力強いメッセージを贈った。(宮川翔)