ベルギー発「ブノア・ニアン」18年バレンタイン限定チョコレート、カカオ職人の自家製ショコラ

写真拡大

ベルギー発ショコラティエ「ブノワ・ニアン(Benoit Nihant)」の2018年バレンタインチョコレートが、2018年1月下旬より「サロン・デュ・ショコラ 2018」などの催事や百貨店にて販売される。

「ブノワ・ニアン」は、ベルギーのカカオ職人ブノワ・ニアンが、カカオ豆のセレクトからショコラ製造まで、すべて自家製で手掛けるチョコレートブランド。日本での展開はバレンタイン期間だけだ。

グランクリュ

産地や生産者へのリスペクトから他の豆と混ぜることをしない"シングルオリジンカカオ"製法にこだわったビーントゥショコラ。葉巻やコーヒーのようなスモーキーなフレーバーからフルーツとミルクのまろやかな風味のものまで産地からインスピレーションを得た5粒の詰め合わせとなっている。

アプリコットの風味が香るミルキーな「サン ホセ デ ボカイ」とフレッシュフルーツにシナモンやジンジャーなどを加えたスパイシーな「ハシエンダ ヴィクトリア」は、日本初登場。

オートクチュールコレクション

ボンボンショコラの製造まで自家製で行うブノワ・ニアンが、オートクチュールと呼ぶショコラの詰め合わせとして「オートクチュールコレクション」が展開される。キャラメル、ガナッシュ、プラリネといったブランドの代表的なボンボンショコラが詰め合わされたセット。従来の3個、6個入りの他に2018年は10個入りが仲間入り。

他にも、5つの産地別のカカオをタブレットとガナッシュで食べ比べできる「カカオセレクション」や、サクサクとした食感のキャラメルとピーカンナッツをそれぞれチョコレートでコーティングしたブリトル2種の「デリショコラセレクション」、カカオ本来の美味しさを味わいつくす「Bean to Barコレクション」など、この期間にしか味わえない"カカオ職人"のチョコレートが豊富にラインナップする。

【詳細】
ブノワ・ニアン 2018年バレンタイン
販売期間:2018年1月下旬〜バレンタイン期間のみ
取扱場所:サロン・デュ・ショコラ、百貨店
サロン・デュ・ショコラ開催期間:2018年1月22日(月)〜28日(日)
会場:新宿NSビル 地階=イベントホール(東京都庁舎隣り)
住所:東京都新宿区西新宿2-4-1
価格:
・グランクリュ(5個入) 1,850円+税
・オートクチュールショコラ(3個入) 1,250円+税
・オートクチュールショコラ(6個入) 2,400円+税
・オートクチュールショコラ(10個入) 3,700円+税
・カカオセレクション(10個入) 3,300円+税
・ブノワDeluxe(4箱入) 7,000円+税
・デリショコラセレクション(2箱入) 3,200円+税
・Bean to Barコレクション(全6種) 1,800円〜2,200円+税


[写真付きで読む]ベルギー発「ブノア・ニアン」18年バレンタイン限定チョコレート、カカオ職人の自家製ショコラ

外部サイト

  • キル フェ ボンが春のタルト試食会を開催!東京、大阪など全国で
  • サーティワン、バレンタインに向けた「ラブベリーパッション」ハート型菓子を散りばめて
  • LAチョコレートブランド「コンパーテス青山」場所を新たにリニューアル、日本初テラス席&限定スイーツ