ドリフト走行のかっこよさを競うD1 GP。2018年シーズン開幕に先駆け、幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2018」でD1 Kick Off Driftが開催されました。

冷たい風が吹く屋外イベント会場には、たくさんの人! D1 GPの人気の高さがうかがえます。グランプリでは技術の正確さを競う単走、1対1の勝ち抜きトーナメント戦の追走が行われますが、今回はKick Off Driftということでユニークなプログラムがたくさんありました。

ドリフトしながらコーンについている風船を割ったり、追走で相手のマシンについている風船を割ったりと、クラッシュさせない寸止めな走りに大興奮! また、4台揃って追走するカルテットの息がピタっとあった動きは、まるでマシン達がダンスをしているようでした。

 

そして中でも圧巻だったのが、8台揃っての追走でした。走行が始まった途端、タイヤスモークで一面真っ白に! もう、何も見えません(笑)。そんな中でも接触することなく、ドリフトをし続けるドライバー達の技術には感動しました。

 

今回ありがたいことに、D1マシンに同乗させてもらうことができました! 乗せてもらったのは2度のD1 GPシリーズチャンピオンに輝いた、TOYO TIRES GLION TRUST RACINGの川畑真人選手。2台のマシンによる追走だったのですが、走行前にクルマの中から相手のドライバーとジェスチャーで動きを確認しあっている姿が素敵でした。

お昼に食べたから揚げ弁当が出てきませんように・・・とドキドキしながら、いざ出発です。

スタートから激しい走行をする川畑選手。そのスピードとGの凄さは、目を開けていられないほどでした。走行後はクルマの中にタイヤスモークと、タイヤのゴムが焼ける匂いが立ち込めました。「匂うから扉開けようか?」と聞いてくれた優しい川畑選手に「この匂い大好きなので開けなくて大丈夫です!」と笑顔で答えたのは秘密です。

この貴重な体験を動画におさめましたので、ぜひご覧ください(叫び声はご愛嬌ってことで)!

   

D1 kick Off Driftは1月13日(土)、14日(日)両日とも12:00〜13:00に東京オートサロン屋外イベント会場で行われます。D1ドライバー達のドリフトテクニックを、ぜひご自身の目で確かめてみて下さい。想像以上の迫力にビックリするはずです!

(yuri)

【東京オートサロン2018】クラッシュ寸止めの走りに大興奮! D1 Kick Off Driftで凄技を披露(http://clicccar.com/2018/01/12/548652/)