「BEATLESS」メインキャラクターの声も収めた最新PV公開

写真拡大 (全2枚)

(C)2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

テレビアニメ「BEATLESS」のプロモーションビデオ第2弾が公開された。PV内では「GARNiDELiA」が歌うオープニング主題歌「Error」をバックに、17歳の少年・遠藤アラト(CV:吉永拓斗)と、人間に酷似した姿をもつアンドロイドのレイシア(CV:東山奈央)の出会いが描かれている。また、アラトの妹ユカ(CV:小野早稀)のほか、紅霞(CV:冨岡美沙子)やスノウドロップ(CV:五十嵐裕美)といったレイシア級の超高性能アンドロイドたちも登場し、それぞれの声を聴くことができる。

同作は、ゲーム「メタルギア」シリーズのノベライズを手がけたことでも知られる作家の長谷敏司氏が、「月刊ニュータイプ」で連載した小説のアニメ化。社会の仕組みの大部分を「hIE(ヒューマノイド・インタフェース・エレメンツ)」と呼ばれるアンドロイドが担う世界を舞台に、人間とモノとの関係性を問う物語が繰り広げられる。第1話「Contract」では、突如暴走したhlEに襲われたアラトが、レイシアと名乗る美しいhlEによって窮地から救われる。MBSほか「アニメイズム」枠で1月12日から放送が始まる。

なお、秋葉原のキュアメイドカフェで1月19〜28日、同作とのコラボレーションカフェが展開される。キャラクターをモチーフにしたドリンクや、作品をイメージしたフード、スイーツを注文すると、全5種の限定ポストカードがプレゼントされる。