2017年はミドルクラスSUVの当たり年だ。ボルボXC60を筆頭に、アウディQ5/SQ5、BMW X3が相次いで新型にスイッチ。それ以外にもポルシェ・マカン、ジャガーFペイスなど多士済々といったクラスだ。輸入SUVマーケットの中でも人気の高いメルセデス・ベンツGLC/GLCクーペだが、2015年にGLKクラスからバトンを受け取ってから(日本発売は2016年2月)およそ2年が経とうとしているだけにテコ入れが欲しいところ。

 

 

そうした中、2018年1月10日に発表されたのが「メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+」だ。車両本体価格1247万円〜1485万円という値付けは、GLCクラス全体の販売を大きく押し上げるには至らないかもしれないが、活況を呈するミドルSUV市場、特にアウディSQ5やポルシェ・マカン・ターボあたりをターゲットにする層には気になる存在に違いない。

 

 

搭載されるエンジンは、メルセデスAMG GTと基本設計を共通とするAMG 製4リッター V8直噴ツインターボの「M177」ユニット。「63S」モデルは、510ps/700Nm、ノーマルの「63」でも476ps/650Nmを誇り、ミドルサイズSUV初となる「63」シリーズにふさわしい動力性能を確保している。

 

 

 

ほかにも、AMGスピードシフトMCT(9速AT)やスポーツ志向4WDとなる「AMG 4MATIC+」、

 

AMGダイナミックエンジンマウントなどAMGならではの技術を満載し、日本の道路事情でも扱いやすいサイズのSUVにハイパフォーマンスを詰め込んだ、メルセデスAMGファン待望の仕様になっている。

 

 

世界初のAMG専売店である「AMG東京世田谷」で開催されたプレス発表会には、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長とシュテルン世田谷の板東轍行社長が出席。上野社長曰く、「AMG東京世田谷では、同店の限定車や特別オーダーの仕様が好調だった」とオープン1周年を振り返っていた。一方の板東社長は、「AMGというブランド(高級)にも関わらず、AMG東京世田谷のオープン時にはSNSの拡散(反響)が大きかった」とコメント。実際に2017年の同拠点オープン以来、約4500名が来場したという。その効果もあってか日本でのAMGの販売状況は、対前年比21%増の約6800台と好調を維持する。

 

リポート 塚田勝弘 K.Tsukada