第1話「プレイボール」より/(C)2017 木崎ちあき/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

写真拡大

テレビアニメ「博多豚骨ラーメンズ」第1話の先行カットとあらすじが到着しました。

第1話「プレイボール」より/(C)2017 木崎ちあき/KADOKAWAアスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

<第1話「プレイボール」あらすじ>殺人請負会社の新人社員・斉藤は、殺し屋激戦区の博多に左遷されることに。時を同じく、刑事の自殺事件の調査を依頼された探偵の馬場は、刑事が遺した写真を受け取っていた。そこには黒い噂の絶えない現市長の姿が。馬場はさっそく情報屋の榎田を訪ね……。その頃、闇組織に雇われている女装の殺し屋・林は、雇い主の張に噛みついていた。張は金が欲しいのならば、こいつを殺せと林に一枚の名刺を見せるのだが――。[脚本:ヤスカワショウゴ、絵コンテ・演出:安田賢司、作画監督:出野喜則、長坂寛治、渚美帆]

また、「博多豚骨ラーメンズ」には様々な裏稼業の男たちの他にも各エピソードごとに欠かせない重要人物が多数登場します。彼らと馬場たちが一体どのように絡んでいくのかにも期待です。

第1話「プレイボール」は、1月12日(金)22時30分からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX、BS-11、TVQ九州放送で順次放送。また、1月12日(金)24時30分からAbemaTVほかで配信予定です。

本作は、木崎ちあきさんの小説が原作。一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている福岡。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。そこで描かれる裏稼業の男たちの物語とはーー。(WebNewtype)