出典:https://www.shutterstock.com

彼氏と顔を合わせない間、LINEでやり取りをしている女性も多いでしょう。たわいもない話から、仕事やプライベートの相談まで……。

彼と仲良くLINEができていればよいのですが、“既読スルー”をされてしまうと、不安になってしまう女性も多いと思います。

今回は、少しでも彼からの既読スルーを避けるために、世の中の彼氏たちが“つい既読スルーしてしまう彼女のLINE”をリサーチしてみました。

 

■「どうでもいい出来事」メッセージ

「どうでもいい出来事メッセなら、仕事に追われていると、スルーしちゃう(笑)。彼女が甘えん坊なタイプだと、なるべくかまってあげたいけど、付き合いが長くなってくれば、メッセのやり取りも落ち着いてくるので。」(28歳/サービス)

付き合い当初はたわいもないLINEも楽しんでいた彼。しかし付き合いが落ち着いてくると、「ちょっと面倒くさい」と感じてしまうのも本音のよう。男性は“釣った魚に餌をやらなくなる”なんて言い方もされますが……。男性は恋愛より仕事を重点に置いている人も多いようです。

彼があなたに感じている距離感をそれとなく察しながら、LINEのペースを調節できるといいかもしれませんね。もちろん、寂しいときは素直に電話をするなど、素直な気持ちを伝えることは大事です。彼もあなたの気持ちを知って、連絡頻度を調節してくれるのでは……?

 

■一時の感情に駆られたメッセージ

「年下の彼女と付き合っていたとき、やっぱり甘えたいんだろうな。自分の言い分をなんとかして押し通そうとするところとか、黙って聞いてあげたいんだけど。それがたまに行き過ぎなところがあって、相手にするのが疲れたとき、スルーしちゃうかも。」(29歳/販売)

男性にはリードされたい、年下よりも年上好み。そんな女性は、つい彼に寄りかかってしまうことが多いのかもしれません。彼もそれがイヤと感じないのならいいのですが、過度になってしまうと、返事をするのが億劫になってしまうことがあるようです。“彼依存”になっている女性は要注意ですね。

彼以外と過ごす時間を充実させられると、彼に“おんぶにだっこ”という状況が避けられると思います。仕事、プライベートなんでもいいので、自分の時間も充実させながら、それを彼との関係にも役立ててみてください。

 

■彼のことをとがめるメッセージ

「お互いにコンディションが悪いと、相手の何気ないメッセや冗談を、素直に受け止められないこともあると思うんですけど。俺に対するディスりがあまりに多すぎると、ちょっとLINEが疲れちゃうから、止める意味でスルーすることはあるかな。」(28歳/IT)

彼のことをからかいすぎたり、彼への意見が多すぎたりすると、彼はあなたの相手をするのがウンザリしてしまうかも。彼に直してもらいたいことがあれば、きちんと話し合いの場を設けたほうがいいと思います。それか、デート中にさりげなく話題にするとか。

LINEのメッセージだけのやりとりだと、お互いの考えていることが読めずに、すれ違ってしまうことも多いようです。つい勢いでメッセージを送ってしまうことも。彼へのイヤな気持ちが出てきてしまったら、LINEはいったんやめて気分転換をするなど、お互いに許し合う精神を持って付き合えると、険悪な雰囲気は避けられるかもしれません。

 

無意識にLINEをしていると、ついこうした結果を招いてしまうことも多いようです。自分の気持ちだけではなく、相手の気持ちも考えながら、LINEができるといいですね。

【画像】

※ Ollyy/shutterstock

【関連記事】

※ 【男の本音】コンドームは自分でつける?それとも、彼女につけてほしい?

※ さすがにウザすぎっ!男がイラっとする女子の“年末年始”LINE

※ アラサー女がぶっちゃけ!2017年の「最高のエッチ」3連発