3000円以上アップ要求へ 総理に注文も 自動車総連

写真拡大

 自動車メーカーの労働組合などでつくる自動車総連は、今年の春闘で平均賃金の3000円以上アップを要求することを決めました。

 自動車総連は神戸市で中央委員会を開き、春闘に向けてベースアップに相当する賃金改善分として月額3000円以上の要求基準を決めました。今年は新たに非正規労働者の賃金についても時給の20円アップを目安とした改善を盛り込みました。安倍総理大臣は経団連など産業界に対し、春闘で3%の賃上げ実現を要請しています。高倉会長は会見で、賃上げにつながる環境づくりを求めました。

 自動車総連・高倉会長:「賃下げしろとか、賃上げするなと言われるよりいいが、それを言うなら、前段階で上げたくなるような先行き不透明感が払拭(ふっしょく)できるような長期的なビジョンを含めた提示をまず総理がして」