ロケ地の舞台裏が明らかに! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』メイキング映像

写真拡大

 大ヒット公開中の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、メイキング映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くアクション大作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイの新たな物語が描かれる。昨年12月15日より公開され、週末興行ランキングは4週連続No.1、国内興行収入は60億円、観客動員数は400万人を突破し、大ヒットを記録している。

 今回、世界各国で撮影された本作のロケ地の舞台裏を明かす特別映像が公開となった。

 本作では、『スター・ウォーズ』ならではの印象的な惑星が次々と登場する。メガホンを取ったライアン・ジョンソン監督は『スター・ウォーズ』の世界を作り上げるため、「まず話し合うのはシリーズの世界観をどう描くか」だと語り、撮影は1日おきに新しいロケ地へ移りながら行われた。

 本作の中でもひときわ美しく、たくさんのクリーチャーやキラキラした世界が描かれるのが、惑星カントニカの都市カント・バイト。この惑星は、ストームトルーパーの脱走兵フィンと新キャラクターのローズが訪れる場所で、きらびやかで豪華なカジノが登場する。そのロケ地となったのは、クロアチアのドブロブニク。そこでは、カーチェイスのシーンが撮影された。

 ジョンソン監督は「街路でスピ―ダーを破壊した時は、すごい映像になると確信したよ」とコメント。ジョンソン監督は過去にドブロブニクを訪れたことがあったそうで、「小ぢんまりとしていて城壁があり、要塞都市的なところで、カント・バイトの街並みの撮影には完璧だった。地球上で最も美しい街のひとつだよ」と大のお気に入りの様子。

 そして惑星クレイトでカイロ・レン率いるファースト・オーダーとレジスタンスが繰り広げる壮絶な戦闘シーンが撮影されたのは、ボリビアのウユニ塩湖。戦闘機が地面近くで飛ぶと、地面が本作のテーマカラーである“赤”く染まり、印象的な戦闘シーンが描かれている。カイロ・レンら率いるファースト・オーダーがレジスタンスを追い詰め、レイやレイア、ポー・ダメロンたちが必死に抵抗するさまが描かれる。

 最後は伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーが身を隠していた、惑星オクトーのロケ地アイルランドのスケリッグ・マイケル。前作『フォースの覚醒』でルークとレイが最後に出会った場所でもあり、新たなマスコットキャラ、ポーグが棲む島でもある。ここでの撮影期間は2日間だったが、高い崖の上から腕木を湾に張り出させてルークが住んでいる家を実際に作り上げるという驚異的な撮影を行った。

 ルーク役のマーク・ハミルは「初めて見る景色だ。魔法にかけられたように別世界に入り込んでしまう」と絶賛。レイを演じたデイジー・リドリーは「また来られて嬉しいわ」と言いながらも、ルークが振り返るとフォースに圧倒されたかのようによろけてしまうNGシーンも披露した。

 ジョンソン監督は様々なロケ地での撮影について「この映画を観るとすべてがリアルな世界に根差しているという感覚が伝わってくるんだ。『スター・ウォーズ』の世界を定義する上で大きな位置を占めているのは、手を伸ばせば触れられそうだと感じられることだよ」と語っている。(リアルサウンド編集部)