『越路吹雪物語』少女期役・岩淵心咲の見事な演技 “シャンソンの女王”の原点が描かれた第1週

写真拡大

 “シャンソンの女王”と呼ばれた越路吹雪とその盟友・岩谷時子との友情、波乱を描いた帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』が、1月8日よりスタートした。

参考:清野菜名、“昼ドラの顔”として知名度急上昇! 宮崎あおいや長澤まさみに続く大物女優となるか

 越路吹雪は、宝塚歌劇団男役スターを経て、シャンソン歌手として活躍した戦後の大スター。青年期を演じるのは瀧本美織、歌手としての絶頂期を演じるのは元宝塚歌劇団のトップスター・大地真央、そしてナレーションを務めるのは同じく元宝塚歌劇団のトップスターである真矢ミキという錚々たる顔ぶれだ。

 第1週では、第1話の冒頭で大地が演じるシャンソン歌手期、第5話のラストでは瀧本が演じる高等女学生期の彼女が登場する。が、今週メインとなったのは、1932年(昭和7年)、まだ本名の河野美保子(岩淵心咲)として生きる少女期。すでにこの頃から、後に越路吹雪として大スターになる片鱗を伺い知ることができる。

 幼い頃から彼女には常に歌があった。廊下に立たされている時も、登校中も、家にいる時も。歌うことが大好きな美保子は、自他共に認める歌唱力の持ち主。歌うことに夢中で足を怪我することもあった。父・友孝(尾美としのり)の転勤が決まり、ともに新潟で暮らすことになった美保子は、ある日吹雪の中、行方不明になってしまう。この事件が後に芸名「越路吹雪」となる由来になるのだがーー。その時も、美保子は朦朧とした意識の中で歌い、その歌声を頼りにして父に発見された。この頃からすでに彼女と歌は、切っても切り離せない関係にあったのだ。

 加えて、美保子は慌てん坊で、周囲をハラハラさせる女の子。言い換えれば、ただただ自分らしく生きるまっすぐさを持っていた。相手を思いやることができる純粋な性格の持ち主でもあった。足を怪我した時も、病弱な姉・真佐子(渡邉このみ)とその世話に追われる母・益代(濱田マリ)を察して、怪我をしたことを言い出せずにいた。吹雪の中、美保子が行方不明になったのは、父から買ってもらった大事なブローチを同級生・武藤大介(吉成翔太郎)に河原に投げ捨てられ、それを探していたから。父が美保子を見つけた時、「お父さん、ブローチなくしちゃった。ごめんなさい」と美保子が必死に謝り続ける姿からは、大好きな父への後ろめたさがひしひしと伝わってくる。

 また、ことの重大さに気づき、ブローチを見つけ届けにきた大介には、ブローチを投げ捨てたこと、変なあだ名をつけてきたことを恨みながらも「見つけてくれてありがとう」ときちんとお礼を言う美保子。自分をいじめていた相手に感謝の気持ちを抱くことは決して簡単なことではない。季節が変わり、美保子は大介に笑顔で挨拶をするようになる。元気に歌いながら登校する美保子に、大介は「変なやつ」とつぶやくが、誰もが驚く明るさと思いやりの強さが、後に“越路吹雪”として大スターに登りつめていく原動力となっていくのだ。美保子を演じる岩淵は、その演技力はもちろん、観るものを惹きつける歌唱力で見事に“越路吹雪”の原点を演じきっていた。

 第2週では、1937年(昭和12年)高等女学生となった美保子(瀧本美織)が、父の勧めで宝塚への入団を志す。『歌劇』編集者であり、後に越路吹雪のマネージャーとなる岩谷時子(木南晴夏)との出会いや、美保子の初恋など、男役トップスターへの階段を駆け上っていく、その一歩目が描かれることとなる。(渡辺彰浩)