竹原ピストル、『バイプレイヤーズ』前作に引き続きED曲担当

写真拡大

テレビ東京系にて2月7日よりスタートする新ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(毎週水曜21:54〜)のエンディングテーマを、竹原ピストルが担当することがわかった。

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら、ドラマ界に欠かせない“バイプレイヤー”たちが主演を務める本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマ。「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞し、さらには業界内視聴率30%とも言われたという。

今作では「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージを用意し、豪華感とゆるシブ感がさらにパワーアップ。遠藤、大杉、田口、松重、光石は前作に引き続き出演するが、寺島進はスケジュールの都合により“お休み”するという。

前作でもエンディングテーマを担当した竹原は、「二度とないであろうと思っていた貴重な機会を二度も。本当にありがとうございました。二度と味わいたくないと思っていた緊張でもありましたが(笑)」と喜びをコメント。新曲「ゴミ箱から、ブルース」については、「絶対に諦めなかった男達を目の前に、絶対に諦めるな、と歌う恐ろしさ、畏ろしさ、汲んでいただけますでしょうか。(自分で勝手に、かもしれませんが、)そういった意味でギリギリまで追い詰められながら、膝をガクガク震わせながら、それでも精一杯に歌わせていただいたこの歌は、ひっくり返って、僕なりの誓いとなったのかもしれません」と語り、「遠藤さん、大杉さん、田口さん、松重さん、光石さん、寺島さん、僕も、絶対に諦めません」とメッセージを寄せた。

さらにこの度、いち早く曲を聞いた“バイプレイヤーズ”からもコメントが到着した。

<遠藤憲一>
ピストルさんはとてもナイーブな人だけど、プレッシャーを踏みつけていくように力強いパフォーマンスをされる方。その泥臭い強さが俺たちオヤジに明日を見せてくれます。そして、ドラマに妙なリアリティを与えてくれるんですよね。

<大杉漣>
竹原ピストルが、再び銃弾をぶち込んでくれた。標的は永遠の悪童バイプレ五人。真剣勝負のPEACE&BLUES。さてと、いっちょ戦いますか!!

<田口トモロヲ>
みんなピストルさんが大好きです! また、あなたの深い歌声で幕を下ろすことが出来て幸福です!!

<松重豊>
言うことなし。鳥肌モノ。この曲でまた一緒にエンディングやれると思うと、今からゾクゾクします。

<光石研>
はしゃぎ疲れたオヤジの背中を、竹原ブルースが優しく包んでくれる。熱燗呑んで今日は寝よ。明日も早い。