【プレミア第23節プレビュー】日曜にリバプールvsマン・シティ開催

写真拡大

▽年始に行われた前節のビッグマッチ、アーセナルvsチェルシーのビッグロンドン・ダービーは2-2のドローで終了。首位のマンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、スパーズの上位勢は揃って勝利した。FAカップとEFLカップを挟んで迎える今節は、日曜の日本時間25時からリバプールvsシティの好カードが開催される。

▽4位のリバプール(勝ち点44)は元日に行われた前節、バーンリーを相手に試合終了間際のクラバン弾で2-1の勝利。ファン・ダイクのデビュー戦となったFAカップ3回戦ではエバートンとのマージーサイド・ダービーを2-1で制して、公式戦4連勝とした。目下のところ公式戦17戦負けなしと好調のチームだが、先日には主力のコウチーニョがバルセロナに移籍し、戦力ダウン。とはいえ今回は、EFLカップ敗退済みだったため中8日と十分な間隔が空いており、フレッシュさではアドバンテージがある。持ち前のハイインテンシティを発揮し、ホームで首位チームを叩きたい。

▽対するシティ(勝ち点62)は前節、ワトフォードに3-1で勝利し、きっちりと白星を取り戻した。FAカップ3回戦とEFLカップ準決勝1stレグではそれぞれバーンリー、ブリストル・シティを相手に勝利しており、リバプールと同様にこちらも好調を維持。とはいえ、日程面で不利なここは、アンフィールドでの試合ということもあり、無敗優勝を狙うチームにとって大きな難関。ガブリエウ・ジェズスが離脱中の状況でもあり、ブリストル・シティ戦でも途中出場から試合終了間際に決勝弾を記録したエースのアグエロに期待がかかる。

▽15ポイント差でシティを追う2位のユナイテッド(勝ち点47)は、マンデーナイトに18位のストーク・シティ(勝ち点20)をホームに迎える。元日に行われた前節のエバートン戦はマルシャルとリンガードのゴールによって完勝。FAカップ3回戦でもダービーを2-0で退けたチームは、中9日の間隔が空いた中間に暖かいドバイ遠征で調整してリフレッシュした。ルカクに加えてバレンシアも負傷から復帰できる状況で、パフォーマンス面でも向上が期待できる。直近リーグ戦9試合7得点と絶好調のリンガードにも注目だ。

▽3位のチェルシー(勝ち点46)は、ホームに8位のレスター・シティ(勝ち点30)を迎える。中間にはFAカップ3回戦でノリッジ、そして10日に行われたEFLカップ準決勝1stレグではアーセナルに、それぞれゴールレスドローに終わった。3試合連続ドローで勝利が遠ざかっている中、ホームのここは勝利したい。前節にハダースフィールドを3-0で退けたレスターは、6日のFAカップ3回戦でフリートウッド・タウンに0-0で終わったものの、ローテーションを行っていた。中2日の相手に対して中6日という日程面のアドバンテージを生かしたい。フリートウッド・タウン戦では途中出場だった岡崎の活躍にももちろん期待だ。

▽そのほか、前節のウェストハム戦で1-1のドローに終わったもののFAカップ3回戦でウィンブルドンに3-0と快勝して公式戦5戦負けなしの5位スパーズ(勝ち点41)は、9位に位置するエバートン(勝ち点27)とホームで対戦。公式戦4試合未勝利で6位のアーセナル(勝ち点39)は、16位のボーンマス(勝ち点21)とアウェイで対戦する。

◆プレミアリーグ第23節

▽1/13(土)

《24:00》

ニューカッスル vs スウォンジー

ワトフォード vs サウサンプトン

ハダースフィールド vs ウェストハム

クリスタル・パレス vs バーンリー

WBA vs ブライトン

チェルシー vs レスター・シティ

《26:30》

トッテナム vs エバートン

▽1/14(日)

《22:30》

ボーンマス vs アーセナル

《25:00》

リバプール vs マンチェスター・シティ

▽1/15(月)

《29:00》

マンチェスター・ユナイテッド vs ストーク・シティ