「乗ればいいクルマだけど……」では売れない!

 東京モーターショーに参考出品され注目を集めた新型スズキ・スペーシアが12月14日、遂に正式デビューした。初代発売からわずか4年10カ月でのフルモデルチェンジを敢行した、その背景とは。チーフエンジニア(CE)の鈴木猛介(すずきたけゆき)さんに聞いた。

──スペーシアが分類される背高軽ワゴンの市場には、ホンダN-BOXやダイハツ・タントなど多くの競合車種が存在し、かつ軽自動車でもっとも大きい市場です。そのなかで初代スペーシアはどのようなポジションだったのでしょうか?

 鈴木猛介さん(以下、鈴木CE):われわれとしては計画どおりの販売実績でしたが、競合が多いなかでは少し個性が足りなかったのは反省点としてあります。よく言われたのは、「乗ればいいんだけど……」というもので、販売店へ来店したお客さまへアピールすると、かなりの確率で競合にも勝てる商品だったのですが、なかなか販売店に足を運んでいただけない。デザイン以外の部分も含め、選ぶ理由に欠けていたというのがありました。ただ、昨年12月に「カスタムZ」を発売してからは、販売台数が少し回復しています。

──モデル末期に「カスタムZ」を追加したのは、かなりの英断だったと思います。

 鈴木CE:はい、大きな決断だったと思います。先代ワゴンRのころはその軽ワゴン市場が最大のボリュームゾーンだったのですが、背高軽ワゴンの市場はどんどん大きくなっていて、そのなかでスペーシアの存在感が薄く、フルモデルチェンジする前にスペーシアという存在が消されてしまうのでは? という危機感がありました。何か効果的なことはできないかということで「カスタムZ」を投入し、その流れのなかで今回のフルモデルチェンジとなっています。

──その「カスタムZ」の販売が好調だったからこそ、新型スペーシアの「カスタム」はあまり方向性を変えなかったということでしょうか?

 鈴木CE:そうですね。

──とくに標準車について、初代に対し力を入れて変えてきた点は?

 鈴木CE:何よりも一番はデザインですね。初代は「軽ワゴンの背が高いクルマ」という見方をされていたので、今回は本当に大きなクルマとして、実寸法以上に大きさが強調されるデザインをするようデザイナーにお願いしました。そのおかげで、かなり特徴的なクルマができたと思います。

──具体的には、ベルトラインを上げて、エンジンフードを高くして……サイドの面も立てているのでしょうか?

 鈴木CE:そうですね、本当にサイズ的にもパンパンに膨らんでいるような形で、室内の幅も広く取れています。ベルトラインより上側も外に張り出させて、ギリギリまで広げました。

──横風に対する安定性が非常に厳しくなりそうですが、どのように対策されましたか?

 鈴木CE:ボディは大きくはなっていますが軽量化し、サスペンションもそれに合わせて作り込んでいますので、背の高いクルマとしてはバランスのいいクルマにできたと思います。

──走りの方向性はどのように考えていますか?

 鈴木CE:全高が高いので、当然横風やロールでフラフラして不安を与えないようにしながら、しっかりとフラットに旋回できるよう味付けしています。

──今回はプラットフォームも一新されましたね。

 鈴木CE:車重は先代よりプラス10kg、もっとも軽いモデルで初代の840kgに対し新型は850kgとなっています。今回ボディを大きくしましたので、本来ならばもっと重くなるのですが、軽量化技術で最終的には+10kgに抑えています。燃費や走りを考えるともっと軽くしたいところですが、ボディが小さいとお客さまの選択肢に入らなくなる、というのはジレンマですね。ですので大きく、かつ軽いままで、というところを狙って作りました。

──Aピラーには1180MPa級の超高張力鋼板が使われていますが、これは今までにないことですよね?

 鈴木CE:そうですね、そこは車体の性能を決める肝になりますので、しっかりと強度を確保しています。ですが、そこをあまり太くすると視界が悪くなりますので、細くしながら強度を高めるため、1180MPa級の超高張力鋼板を採用しました。また、リヤサスペンションのバンプストッパーをゴムからウレタンに変え、ストロークも大きく取ることで、リヤの乗り心地を改善しています。

 また、今回はリヤシートを1アクションで格納・復帰でき、かつ格納時にフラットな床面になるようにするため、クッションを薄くすることを当初より開発目標に掲げていたのですが、そのままでは乗り心地と座り心地が悪くなってしまいます。そこで、シートのウレタンも密度を高めながら、乗り心地もしっかり作り込むことで、クルマ全体としていいものにしようと狙ってきています。

──パワートレインも細部が改良されていますね。

 鈴木CE:一番は、初代が「S-エネチャージ」だったのが「マイルドハイブリッド」になり、モーターだけでクリープ走行とEVコースト走行が可能となったことです。これに伴い電池容量は3Aから10Aに、ISG(発電機)の能力は1.6kWから2.3kWにアップしています。

 ここまでは現行ワゴンRと同じですが、新型スペーシアではさらに、ステアリングにある「PWR」スイッチを押すとパワーモードに入り、モーターアシスト量が増え、エンジン回転数も高くなります。これによって、高速道路への合流などでよりスムースに加速できるようになりました。

──CVTも新しくなったようですが、これは具体的にどう変わったのですか?

 鈴木CE:従来は副変速機付きだったのが、新型では付いていません。これにより、副変速機が変速する際の加速ラグがなくなり、発進時から非常にスムースに加速できるようになっています。

──CVTに副変速機を組み合わせていたのは、レシオカバレッジを広げるためだと思いますが、新型では?

 鈴木CE:副変速機があった方がレンジは広いのですが、それをやめることで5kg軽量化できることを重視して、副変速機なしを選択しました。

──副変速機なしでも充分な燃費と加速性能を担保できるということですか?

 鈴木CE:加速性能は遜色ありません。燃費は最良のモデルで初代の32.0km/Lから30.0km/Lに落ちているのですが、これは車体が大きくなり空気抵抗が増えたことによります。

──背高軽ワゴンのカテゴリーは、初代スペーシアが発売されたころからすでに初代ホンダN-BOXがトップの地位についていますが、新型スペーシアはすでに新しくなったN-BOXにも勝てそうですか?

 鈴木CE:N-BOXも2代目になって相当進化していますので、簡単に勝てるような相手ではないと考えています。ですので勝てるかどうかはわかりませんが、初代では大差を付けられていますので、新型ではしっかり付いていけるようになれればと思っています。