フランスのエマニュエル・マクロン大統領とDS 7 クロスバック

写真拡大

PSAグループの高級車ブランド、DSは1月11日、エマニュエル・マクロン大統領の初の中国訪問の際の公式車両として、『DS 7 クロスバック』が使用された、と発表した。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は1月8〜10日、就任後初めて、国賓として中国を訪問した。2017年5月の大統領就任パレードで活躍したDS 7 クロスバックが再び、同大統領の中国訪問の際の公式車両に起用されている。

DS 7 クロスバックの大統領専用車は、ボディを「ブルー・アンクル」で塗装。パレードを行う大統領専用車ならではのオープンルーフ機構を備え、ボンネットにはフランス共和国を象徴するバッジ、フロントフェンダーには国旗ホルダーが装着された。

ブラック基調のインテリアは、フランスの「Atelier Maury」のクラフトマンシップによる特別仕立て。ゴールドの装飾が特徴的な20インチホイールを装着している。 《レスポンス 森脇稔》