壮行会に出席した床亜矢可(左から2人目)とサプライズで登場した(左から)母・栄子さん、妹・秦留可、弟・勇大可さん

写真拡大

 平昌五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表DFの床亜矢可(23)が12日、都内で所属先のANAの壮行会に出席した。

 サプライズゲストとして母・栄子さん(50)が登場し、「私の幼い頃の夢はスチュワーデス(キャビンアテンダント)で、全日空(ANA)の採用試験も受けさせていただいたが、残念ながら夢をかなえることができませんでした」と告白。会場をドッと湧かせた。

 栄子さんは当時、第一志望だったANAの筆記試験に通ったものの、面接で落選。その後、西武鉄道に就職した。一方、そこで出会った父・泰則さんはアイスホッケーで五輪を目指していたが、かなわなかった。このたびANA所属として五輪出場を決めた娘に対し、「2つの夢を同時にかなえてくれた亜矢可を誇りに思います」と感慨深げだった。

 孝行娘は「母の夢は小さい頃から聞いていて、それが航空業界に興味を持つきっかけになった」と告白。法大時代に出場したソチ五輪では1勝もできなかっただけに、「この4年間はメダルを獲るための準備をやってきた。その成長を見せたい」と気合を入れた。