全豪オープンテニスで四大大会(グランドスラム)初優勝の可能性がある男子シングルスの注目選手をまとめた図解(2018年1月12日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】今年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2018)では、トップ選手の多くが欠場したり、故障を抱えていたりする状況に直面している。その恩恵も受けて、四大大会(グランドスラム)で初タイトルを獲得する可能性がある男子の5選手を紹介する。

■グリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)

 現在26歳のディミトロフは、ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)とロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)に次ぐ世界ランキング3位で戦いの場となるメルボルンに入る。

 キャリア序盤はフェデラーとプレースタイルが似ていることから「ベビー・フェデラー」と呼ばれていたディミトロフは、2016年の中盤にはランキングが40位まで後退するなど、周囲の期待に応えられない時間が続いたが、2017年は見事な復活を果たし、ウェスタン&サザンオープン(Western and Southern Open 2017)でマスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)初制覇を成し遂げるなど、ツアー4勝を挙げるキャリア最高のシーズンを過ごした。

 今年はランキングポイントの死守とトップ5位を維持することを目標にしているディミトロフは、これまでグランドスラムでは準決勝を突破した経験がなく、2014年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2014)と昨年の全豪でベスト4入りを果たしたのが最高成績となっている。

■アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)

 男子テニス界で「次世代」の急先鋒(せんぽう)との呼び声が高い20歳のズベレフは、昨年は5大会でタイトルを獲得する好成績を収め、今年の全豪オープンには世界ランク4位として乗り込む。

 2017年はロジャーズ・カップ(Rogers Cup 2017)決勝でフェデラーを破り、同年にスイスのレジェンドを倒した5選手の一人となる活躍をみせたが、グランドスラムの舞台では昨年のウィンブルドンで初めて4回戦に進出しただけで、それ以上の結果は残せていない。

 198センチの長身から繰り出すパワーが持ち味のズベレフが、グランドスラムを含むすべての大会で成功を収めるためには、フィジカル面の向上と5セットマッチでの経験が不可欠であるとの意見が専門家からは上がっている。

■ドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)

 現在24歳のティエムは昨年、クレーコート大会のリオ・オープン(Rio Open presented by Claro 2017)を制するなど、世界ランク5位でシーズンを締めくくった。また、全仏オープンテニス(French Open 2017)ではノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)を撃破し、2年連続で4強入りを果たした。

 子ども時代のアイドルには、同胞のステファン・クーベック(Stefan Koubek)氏とユルゲン・メルツァー(Jurgen Melzer)の名前を挙げているが、自身のプレーでは主にフォアハンドを駆使し、クレーコートを得意としている。

 英ロンドンで開催されたATPワールドツアー・ファイナル(ATP World Tour Finals 2017)でキャリア2度目の出場を果たしたティエムは、全豪オープンの前哨戦に位置づけられるカタール・エクソンモービル・オープン(Qatar ExxonMobil Open 2018)では、準決勝を前にインフルエンザで棄権した。

■ニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)

 激しい気性でテニスの才能を無駄にしてしまうことも多いキリオスは昨季、長い間悩まされてきた臀部(でんぶ)の故障で早々に戦線を離脱してしまった。しかし、2018年はブリスベン国際(Brisbane International 2018)の準決勝でディミトロフを下し、優勝を果たすという幸先が良いスタートを切っている。

 現在世界ランク17位のキリオスは、その類いまれな才能で強豪選手に打ち勝つ実力がありながらも、審判やファンに怒りをぶつけてその優れた才能を埋もらせてしまうことがあり、昨季の全豪オープンでも、アンドレアス・セッピ(Andreas Seppi、イタリア)との2回戦で、2セットを先取しながら逆転負けを喫した。

 常に観客の注目を集める22歳は、これまでにナダルから2勝を挙げており、故障やいつもの悪い癖を抑えることができれば、警戒すべき選手の一人に挙げられる。

■アンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev、ロシア)

 ラッキールーザーとして出場した昨年のクロアチア・オープン(Croatia Open Umag 2017)で、ツアー初タイトルを獲得したルブレフは、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)でもディミトロフやダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)を破ってアンディ・ロディック(Andy Roddick)氏以来となる年少記録でベスト8入りを果たし、準々決勝ではナダルと戦った。

 現在の世界ランキングでも自己最高の32位まで浮上している20歳は、全米オープンでの活躍で次世代を担うトップ選手の一人としての地位を確立した。
【翻訳編集】AFPBB News