Lサイズミニバンのパイオニアといえるエルグランドの新たな特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」が、東京オートサロン2018で発表されました。


エルグランドをベースに「大人のスポーティミニバン」をテーマとして、フェアレディZやGT-Rなど日産スポーツカーが持つ「ダイナミック&ラグジュアリー」を表現したスタイリングに仕立てられています。

そんなスタイリングでとくに強調されているのがフロントグリルやフォグランプフィニッシャーに用いられた「漆黒」。深い黒色で顔つきなどを引き締めているのです。

さらに、専用ホイールのブラックカラーは漆黒ではなく、金属の質感を強調したブラックで塗装されるなど黒色の配色はメリハリがつけられているのも特徴といえるでしょう。

外観だけでなくインテリアもラグジュアリー感が満載。

シートはGT-Rのカラーと同じ「プレミアムタンレザーシート」が採用されるなどスポーティな味つけにもこだわられています。

プレスカンファレンスには、同車をデザインしたオーテックジャパン・デザイン部の有田翔さん(写真右)と、KONDO Racing監督でエルグランドのオーナーでもある近藤真彦さん(写真左)が登場。

内外装ともに白色のエルグランドを所有するという近藤さんは「エルグランドは乗った瞬間、運転してやるぞという気分になるクルマ。顔つきが、数あるミニバンのなかで一番男らしいところが気に入っています」とコメント。

展示車については「とても気になる一台ですね。いくらですか?(笑)」と、ブラックで仕立てられより男らしくなったハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムを大いに気に入った述べています。

今回登場したハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムは、スポーツカー好きだけど、ミニバンも気になる…という、欲張りなクルマ好きが気に入りそうな一台です。

(テヅカ・ツヨシ)

【東京オートサロン2018】マッチが太鼓判!「ミニバンのなかで顔つきが一番男らしい」エルグランド・ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム登場(http://clicccar.com/2018/01/12/548461/)