井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

「ワールドボクシングニュース」選定最新PFPで堂々6位…バンタム級では断トツ評価

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は悲願の統一戦が叶わず、V7を達成した昨年12月30日のヨアン・ボワイヨ(フランス)戦を最後にバンタム級転向を明言した。新たな舞台で飛躍に期待が集まるが、海外メディアが公開した全17階級のボクサーの実力を格付けする「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版は6位に選出。「Monster」はバンタム級でも断トツで最強の位置にランクされている。

 2018年1月のPFPで6位に格付けしたのは、海外ボクシング専門メディア「ワールドボクシングニュース」だった。ボクシング界のスーパースターが並ぶ最新ランクで「NAOYA INOUE」の名前も堂々と名を連ねている。

 1位は「GGG」の異名で知られる現WBA世界ミドル級スーパー王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、2位はWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位は元WBOスーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米国)、4位は9月にゴロフキンと再戦が決まった元WBC世界ミドル級王者カネロ・アルバレス(メキシコ)、5位はWBC世界ライト級王者、マイキー・ガルシア(米国)。そして、井上は6位にランクしている。

 井上が卒業を明言したスーパーフライ級はタレントの充実で知られているが、WBC世界王者のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)は9位。10位には2月24日にソールンビサイとタイトル戦を行うフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が選出されている。だが、バンタム級では井上に迫るほどの猛者は格付け上、存在しない。

バンタム級で井上に迫る猛者不在…ネリ42位、山中45位、テテ選外

 WBA世界スーパー王者、IBF世界王者のライアン・バーネット(英国)は30位。WBA世界王者のジェームス・マクドネル(英国)は32位。昨年8月のタイトル戦の山中慎介(帝拳)戦でドーピング検査で陽性反応が出たWBC世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)は42位、3月にネリと雪辱戦に挑む山中は45位。タイトル戦史上世界最短の“11秒KO”で話題となったWBO世界バンタム級王者、ゾラニ・テテ(南アフリカ)は50位から選外となっている。

 スーパーフライ級では圧倒的な強さから対戦相手が決まらない悲運に苦しんでいた井上。テテは井上戦に前向きな発言をしているが、格付け上、ダントツの評価にあるバンタム級の舞台でも強すぎるゆえの宿命に直面するのだろうか。

 なお、同サイトの最新版PFPでは井上、山中以外に元世界ライトフライ級王者・田中恒成(畑中)が19位、WBA世界ライトフライ級王者・田口良一(ワタナベ)が31位がそれぞれ選出されている。(THE ANSWER編集部)