石川遼のゲン担ぎはウエア

写真拡大

 アスリートや俳優、角界でもゲン担ぎをしている人は多い。そのほか業界にまつわるゲン担ぎもさまざまある。やっぱり効果があるとしか思えない…。そんな著名人のゲン担ぎを紹介する。

◆プロゴルファー・石川遼

 ツアー最終日には赤いウエアパンツ
 
◆プロゴルファー・横峯さくら

 トーナメント中は「金色のネイル」
 
◆元フィギュアスケート選手・浅田真央

 左足からシューズを履き、左足からリンクに入る。

 試合直前にラベンダーオイルを手首に塗る。

◆横綱・白鵬

(土俵での仕切り制限時間いっぱいの場面で)小走りで塩を取りに行き、汗を拭うタオルを左手で受け取り、土俵に戻る前に花道の奥にいる付け人と目を合わせる

◆元プロ野球監督・野村克也

 勝ち続けると下着を替えない

 楽天監督時代は真っ赤なパンツを3日間はき続けた

 監督時代(南海・ヤクルト・楽天)の背番号は「19」「73」「82」でどれも足すと「10」になるような番号を選んでいた
 
◆俳優・佐々木蔵之介

 舞台に立つ時は「赤いパンツ」
 
◆力士・石浦

 勝っている間はヒゲをそらない
 
◆小結・琴奨菊

 両手で交互に尻を叩きながら塩を取りに行き、土俵に向き直ったところで上半身を大きくのけぞらせる(通称・琴バウアー)

※女性セブン2018年1月18・25日号