温泉むすめ SPRiNGS、2ndライブで示した“70億分の9の奇跡” 現体制ラストステージをレポート

写真拡大

 クロスメディアプロジェクト・温泉むすめ内の9人組ユニット、SPRiNGSのライブ『温泉むすめ SPRiNGS 2nd LIVE“NOW ON☆SENSATION!! Vol.2” 〜聖夜にワッチョイナ!!〜』。12月24日になかのZERO 大ホールで開催された同イベントは、まさに「70億分の9の奇跡」という言葉を体現したステージとなった。

(関連:遠藤ゆりか×篠田みなみ×日岡なつみが語る、『温泉むすめ』の可能性 「全温泉地を制覇したい」

 SPRiNGSにとっては二度目、そして9人全員が揃ったかたちで行われた最初の本格的なライブ。同時に、下呂美月役の遠藤ゆりかが温泉むすめ・SPRiNGSのメンバーとして表舞台に立つことは今回が最後となったため、ファンにとってもメンバーにとってもひときわ思い入れのある公演だったと言えるだろう。

 赤と黒を基調とした和風の衣装で登場した9人。クリスマスイブを意識したかのような赤と緑の照明とともに、「純情-SAKURA-」では全国各地の温泉をキャラクター化した温泉むすめの存在感を示すかのような、“お風呂”を思わせる振り付けが印象的だった。続く「Ambition」含めクールな一面が強調された楽曲で幕を開け、真冬の会場は熱気を増していく。

 SPRiNGS内にはさらにしゃんぷーはっと(秋保那菜子(CV:高橋花林)、登別綾瀬(CV:日岡なつみ)、下呂美月(CV:遠藤ゆりか))、雪月花(箱根彩耶(CV:長江里加)、有馬輪花(CV:本宮佳奈)、奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲))、SPicA(草津結衣奈(CV:高田憂希)、道後泉海(CV:篠田みなみ)、有馬楓花(CV:桑原由気))という3つのユニットが存在する。各ユニット曲はそれぞれのキャラクターの個性を強く表現した楽曲となっており、声優陣のボーカルもより深く味わうことができる。

 この日最初にステージでユニット曲を披露したのは雪月花の3人だった。深く落ち着いた長江のボーカル、堂々と切実な歌声を披露する本宮、可愛らしくも芯の強い和多田の歌声。「SILENT VOICES」で3人が踊る姿からもキャラクターと重なる部分を感じた。もちろんライブ中盤に挟まれたミニドラマではキャラクター、そして声の魅力を遺憾なく発揮していた9人だが、そうした個性はライブパフォーマンスにおいてもしっかりと打ち出され、観客を魅了していたように思う。

 パステルカラーの“アイドル衣装”に着替えて登場した9人は、一転して手拍子と軽やかなステップとともに「粉雪フレンズ」、緑色のペンライトが映える「おんくり」(命名した篠田曰く「温泉クリスマス」を略したもの、とのこと)と冬ならではの楽曲をパフォーマンス。先ほどまでの真剣な面持ちとは異なる楽しげな表情で、クルクルとフォーメーションを変えていく彼女たちの姿に引き込まれていった。

 ミニドラマを終えると“ゆりしー”こと遠藤が所属するユニット・しゃんぷーはっとによる「ロマンスの林檎」へ。王道のアイドルらしいポップなメロディに、キャラクターらしいセリフめいた歌詞が乗せられ、まるでミュージカルを見ているかのようだった。実は彼女たちが3人揃って同楽曲を披露するのはこれが初めて。キャラクターが乗り移ったかのような生き生きとした3人の表情に感慨深い思いを抱いた。続いてSPicAの3人が満開の笑顔で「おはようジャポニカ!」を歌唱すると、温泉むすめプロジェクト開始から9カ月間の軌跡を振り返る映像が映された。温泉地を回ったり、初めて9人が揃った神戸でのイベントで涙を流すメンバーの姿に、彼女たちの成長を感じずにはいられなかった。

 その後、白い制服風の新衣装で歌唱したのが新曲「Hop Step Jump!」だ。<それぞれの物語で 主役になろうよ>という歌詞には、遠藤の門出に向けた思いも込められているように感じた。タイトル通り明るく前向きなメロディは、2018年にゲームのリリース、5月には3rdライブの開催、と勢いに乗る彼女たちの背中をさらに押すかのようだった。タオルを回して観客を煽る「青春サイダー」に続き、温泉むすめにとって“始まりの曲”という「未来イマジネーション!」で本編は終了。

 そしてTシャツ姿で登場したアンコールでは、メンバーが遠藤へファンからのメッセージや花束をプレゼントするサプライズが。「晴れ舞台のステージでみんなに送り出していただけるのは、すごくすごく幸せなことだなと思ってます」と語る遠藤の姿には清々しさすら感じた。8人のメンバーはそれぞれ遠藤への想いを胸に、涙ながらに「70億分の9の奇跡」を歌唱。そして最後は8人それぞれが、遠藤への感謝と寂しさをまっすぐな言葉で伝えていった。堪えきれず涙する姿に、9人がこのステージに立つことができた“奇跡”を改めて感じる。

 「ゆりしーが関わってくれたこのSPRiNGS、温泉むすめというコンテンツを少しでも一人でも多くの方にこれからどんどん広めていけるように頑張っていきます!」という高田の決意通り、温泉むすめはさらに飛躍していく――そんな予感に満ちたライブだった。(村上夏菜)