「ホームIoT」はBtoCビジネスをどう変えるのか。


 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)がさまざまな場面で活用され始め、BtoB、BtoCそれぞれで多様なビジネスが展開されている。

 その中で、住居を対象としたIoT、すなわち「ホームIoT」は、BtoCビジネスの可能性を大きく広げられる領域として、住宅メーカー、家電メーカーなど幅広い業種の企業が技術を競っている。

 通信キャリアとしてホームIoTを展開しているKDDIもその1社だ。同社は2017年11月にホームIoTサービス「au HOME」の内容拡充と、多業種とのコラボレーション型サービス「with HOME」を発表した。

 それらのサービスはどのような戦略に基づいているのか、また今後のIoTビジネスはどう変わっていくのか。KDDI 商品企画本部ホームアライアンス企画部 部長の早瀬聡(はやせ・さとし)氏に、その狙いを聞いた。

KDDI 商品企画本部ホームアライアンス企画部 部長の早瀬聡(はやせ・さとし)氏。


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ユーザーの声が育てていく

――「au HOME」では、通信キャリアということで、接点をスマートフォンに置いていると思いますが、その利点や課題を教えてください。

早瀬聡氏(以下敬称略) これまで、スマートフォンは人と人とのコミュニケーションの間にありました。今回、ホームIoTで実現しようとしているのは、ユーザーがスマートフォンを通じて家とコミュニケーションすることです。

 現在、スマートフォンは人と不可分なものになっていて、自分、つまりスマホの持ち主の状態をよく知っています。たとえば位置情報とか、どんなアプリを使っているとか、どんなサイトを閲覧したとか、何時にコミュニケーションしたとか。その情報を家に伝えてあげることで、家が自分のことを知っているという状態が出来上がります。そのように、単に遠隔操作という次元よりも、もう1段高いところを我々は目指しています。

――今回「Google Home」への対応を発表しました。数あるAIアシスタントで、連携先としてGoogle Homeを選ばれた理由は。

早瀬 グーグルさんとは、これまで協業のサービスを過去取り組んできた経緯があって、一番話がしやすかったからです。

 ただ、au HOMEの世界を広げていくためには、グーグルさんとだけしかやらないということはありません。我々の顧客体験価値を向上させていくという観点で、他のスマートスピーカーでも動くようにする可能性は検討しています。

――スマートフォンとGoogle Homeとで、できることは変わってきますか。

早瀬 多少変わってきます。たとえば、テレビの操作は、今はスマートフォンからの操作となりますが、Google Homeでもできるようにしていきます。

 また、スマートスピーカーについては、いろいろな人がいろいろなサービスを開発して、いろいろな使い方が出てくると、いまは面白がって喋っているだけのところが、本当に自然に使えるようになるのではと思っています。そうしたときに、我々もau HOMEでできることが増えていく中で、家の中での便利さが飛躍的に伸びていく可能性はあると感じています。

――ユーザーの声でサービスが育っていくと。

早瀬 このセンサーとこのセンサーを組み合わせると、こういうことができるね、という我々がまだ気づいていない使い方も必ずあるはず。かけ算の数はたくさんあるので、お客様からの声や気づきを大事にしていきたいと思っています。

――「誰でも手軽に始められるホームIoT」を目指しているとのことですが、それに向けて意識したことは。

早瀬 アプリケーションも含めて「できるだけ分かりやすく」ということですね。機能もアプリケーションを通じて、本当に使いやすい形になるように、お客様に分かりやすくなるようにと、一番そこに力を注いでいます。

 取り付けについても、両面テープだけとか置くだけのデバイスもありますので、設定もできるだけ簡単に、すぐ始められるようにしています。買ってきたけど、難しくて使えないね、ということにならないように意識しています。

 あとは、それぞれのセンサーやデバイスができること、というのは分かりやすくないといけません。「これって何に使えるんだっけ?」とか、分かりにくいものを出してもしょうがないと考えています。

――今回のサービス内容拡充も含めて、今後どのようなユーザー層が増えると考えていますか?

早瀬 一番お使いいただけると考えているのは、30〜40代で小さなお子さんがいらっしゃるご家庭です。見守りとかいろいろなケースで、我々のサービスを使っていただけると思います。

 あとは、20代、30代の割と若い世代の単身の方。たとえば、女性が駅を降りてから家まで誰かに後を付けられていたというときに、少し手前から電気を点けておいて、どこの部屋か分からないようにしたいという場合など、ピッタリはまってくるのでは。

――介護とか、高齢者のライフスタイルも変わってきそうですね。

早瀬 そうですね、介護などの現場でもIoTのニーズはあると思っていますので、そういう分野でもお役に立てるよう可能性を検討しています。

いろいろな企業が集まる場に

――「with HOME」は、いろいろな業種と組むことでどのような発展が考えられるでしょうか。

早瀬 住宅業界の企業、たとえばハウスメーカーさんは、自社の商品に対して付加価値をつけて差別化したいと考えておられます。IoTはその付加価値の1つになるでしょう。

 また、ハウスメーカーさんのお客様は家を一度買ってしまうとメーカーさんと接する機会がなくなってしまいますが、メーカーさん側にはお客様とのつながりを保ちたいという要望があります。with HOMEのアプリケーションは毎日使うものになりますので、アプリを通じてお客様との接点を持てるということで、ポジティブな反応をいただいています。

――お客様との接点を持ち続けることが、ハウスメーカーの新たなビジネスにつながるということですね。

早瀬 お客様とのつながりをずっと確保できれば、本当に将来、リフォームという段階になったときも、ハウスメーカーさんは、先手先手でお客様にご提案していくことができるはずです。お客様の満足を高めたいというのは、いろいろな業種で共通だと思います。

――組み方としては1対1でしょうか。多業種と同時に取り組むことはありますか。

早瀬 基本的には1対1です。我々のサービスをどのような形でお使いいただくか、パートナー様ごとに個別に詰めて手をつないでいく感じですね。

 今はそれぞれの会社さんと、それぞれの会社さんに合ったお役立ちを創造しながら、このwith HOMEを導入していくという話をさせていただいています。

――今後はどのような発展がありますか。

早瀬 いろいろな可能性があると思っています。単純にwith HOMEを導入いただくだけではなくて、これをきっかけにして、KDDI、パートナー様がお互いこういう新しいビジネスができるんじゃないかというのが出てくるのではと。今回、一緒にビジネスさせていただく企業様とは、次のステップはきっとあるだろうと思ってお話しさせていただいています。

――業種の壁を壊すなど、市場や経済に与えるインパクトは。

早瀬 今はまだ、そこまで具体的なイメージは持っていないのですが、ホームIoTを通じて家の中を知る、家が自分のことを知っているということに対して、今まで思いもよらなかった業種の方が興味を持つ可能性はあると思っています。

 デバイスの拡充が進めば、かけ算でビジネスの数が出てくると思っていますので、そこはまだ無限にあるのではないでしょうか。いろいろな業種の方がいろんな利用シーンを想定して、いろんなビジネスを創造していくきっかけになると思います。

 我々もサービスの発展、また我々のサービスをご利用いただく両面で、今回のこういう取り組みを通じて、いろいろなものが活性化していけばいいかなと思っています。with HOMEがいろいろな企業様が集まる場になればいいと思います。

* * *

 まだまだ始まったばかりのホームIoTの挑戦。これからの私たちの生活と、それを取り巻くビジネスの環境がどう変わっていくのか、今後も注目していきたい。

筆者:町田 誠