長谷川祥平が日本勢トップの好位置で3日目へ(写真は2015年ブリヂストンOP)(撮影:ALBA)

写真拡大

10日(水)より開幕した2018年のアジアンツアー出場権をかけて争われる「アジアンツアーQT」のファイナルステージ。日没順延の影響で進行が大幅に遅れ、本日12日(金)、全選手が第2ラウンドの競技を終えた。

日本勢トップはトータル4アンダー7位タイの長谷川祥平。同2番手はトータル3アンダー14位タイの上井邦裕、トータル2アンダー26位タイで東北福祉大学4年の比嘉一貴が同3番手につけた。その他、市原弘大、すし石垣、堀川未来夢、亀代順哉らもファーストカットラインを通過している。
第2ラウンドまでの結果を受け、138位タイまでの選手が第3ラウンドにコマを進めた。この後は第4ラウンドまでの2日間・36ホールをストロークプレーで競技を行い、上位70位タイまでの選手が最終ラウンドに進出。そこで上位35位タイに入った選手が、2018年のアジアンツアー出場権を得る。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アジアンツアー ファイナルQT 第2ラウンド成績
宮里優作、小平智ら出場 ソニー・オープン・イン・ハワイのリーダーボード
【プロの履歴書】スピースと同じ日生まれ 大型ルーキー長谷川祥平
長谷川祥平と堀川未来夢 アジアナンバー1を目指した思い出
日本復帰の石川遼、キャロウェイの新クラブで追い風なるか!?