画像提供:マイナビニュース

写真拡大

京急ステーションコマースは1月11日、羽田空港国際線ターミナル駅構内商業施設「ウィングエアポート羽田」に、ポケットチェンジが開発した専用サービス機を導入し、余った外貨を電子マネーなどに即時交換するサービス「ポケットチェンジ」を開始すると発表した。

近年、余ってしまった外国硬貨・紙幣の取り扱いに困り、家に持ち帰り取っておく日本人旅行客や、海外へ帰国するにもかかわらず日本円を海外へ持ち帰ってしまう外国人旅行客が増えている。

新サービスでは、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円の5通貨を、楽天Edy、WAON、iTunes、Amazonギフト券、LINEギフトコードなどから中国や台湾でも使えるものまで、 20種類以上の電子マネーなどと交換が可能。

同社は外国人旅行客が出国直前まで利用可能なサービスとして、昨年12月には、「ウィングエアポート羽田」で、「空港ガチャ」「京急ガチャ」を発表している。