木村拓哉、入院経験したマツコ・デラックスを気遣う 「でも良いんじゃない。すごい人っぽくて」

写真拡大

 マツコ・デラックスによるオールロケ番組『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)。1月11日放送回では木村拓哉をゲストに迎え、「木村拓哉と大吉を引くまでおみくじ巡り」の模様をオンエアした。

(関連:木村拓哉、自身の“トリセツ”に納得 明石家さんま「どんだけ負けず嫌いやねん」

 昨年4月に木村がゲスト出演した際、浅草寺でおみくじを引いたところ凶を引いてしまった二人。今回はリベンジすべく、二人が大吉を引くまでおみくじを引き続けることに。まずは港区・赤坂の豊川稲荷へ。木村は「マツコが(国道)246歩いてるよ」とからかうように言い、「これちょっと写真集にしたいくらいだな。最高だよ」と笑顔を見せた。おみくじを引く前に、豊川稲荷内の茶店・家元に入った二人。年が明けた3時〜4時頃に初詣に行くというマツコに対し、木村が「期待はずれ。もっと三が日は家出ないわよ、みたいな感じで」と抱いていたイメージを語ると、マツコはあっさり「あ、じゃあやめる」と返し、笑いを誘った。

 家元でいなり寿司を食べた木村は「今度から楽屋にこれ入れてもらえば」とマツコに提案し、「俺ちらっと見て今日、えって思ったけど、あれ(楽屋弁当)20人前入ってるぞ。そんなに食うの?」とツッコミを入れると、マツコは「いや私のじゃないよ。技術さんとかの分も含めてでしょ」と苦笑した。ロケの前に本読み(脚本の読み合わせ)をしてきたという木村。「超恥ずかしいです。だって読んではいるけど、そこにいるの素の自分じゃん。すんげぇ恥ずかしい」と本音を漏らすと、マツコに「一応感情込めてやるの?」と聞かれ、「雰囲気じゃん? 10ではできない」と明かした。これにはマツコも「私つい最近だもん。CMとかで本域でやれるようになったの。恥じらいをやっと捨てられた」と共感した。

 芸道精進のご利益がある豊川稲荷。二人はジャニーズ事務所の提灯を見つけると、木村は「堂本光一、堂本剛並んでるよ」とKinKi Kidsの提灯も発見した。正月に凶を引いてしまったマツコだったが、今回は木村とともに吉という結果に。マツコは「結構あなたも私も運ある方だと思うんだけどね。凶の方がまだいいわね」と微妙な表情を見せると、木村が「でもここで(今日も)凶引いてたら、お前ここもう来なくなるよ」とフォローした。その後お参りをして再びおみくじを引くも、木村が吉でマツコが凶だった。

 続いて二人は湯島天満宮へ。移動中マツコが「本当は弱いところ見せたくなかった」と入院していたことを振り返ると、木村は「でも良いんじゃない。すごい人っぽくて。人っぽかったよ、なんかあれ(ニュース)を見たとき。あ、まじか、と思って」と発言。マツコが笑いながら「あれを見るまでは人っぽいと思わなかったの?」と尋ねると、木村は「うん、そうだね。ちょっと『スターウォーズ』チックな」とコメントした。さらに入院中、木村は点滴を循環させるために水を飲むべきと考え、マツコに「水を買え」とメールしていたことを明かすと、マツコは「水買いまくったわよ。逆にそうしたらトイレに起きて寝れなかったわよ」と振り返った。

 湯島天満宮でお参りをしおみくじを引くと、マツコは小吉、木村は中吉だった。湯島天満宮では吉よりも中吉、小吉の方が下のため大吉から遠ざかる結果に。マツコはロケが終わらないのではと不安がりながらも、「よかった、これ『帰れま10』じゃなくて」とコメントした。次回1月18日放送では「木村拓哉と寺社仏閣巡り おみくじの結果は?」の模様をオンエア予定だ。(向原康太)