12日、新浪体育は、サッカーJ2の横浜FCが三浦知良選手と契約を更新したことを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2018年1月12日、新浪体育は、サッカーJ2の横浜FCが三浦知良選手と契約を更新したことを伝えた。

記事は、三浦選手が2017年J2最後の試合で途中出場し、最年長出場記録を50歳8カ月24日に更新していたと紹介。来月には51歳の誕生日を迎えると伝えた。そして、「この世の中に老いない人はいないが、老いない心を持つことはできる」としている。

これに対し、中国のネットユーザーから「サッカー界の生きた化石だ」「この人はすごいな」「服さざるを得ない。プロ選手の鏡だ」「三浦知良の老けない心に『いいね』を送る」など、称賛するコメントが多く寄せられた。

また、「試合に出場するたびに記録を更新するんだな」「彼はきっとフィールドの上で最期を迎えるのだろう。英雄だな」「サッカーなんてよく知らないころから彼の名前は知っていた。もうサッカーを見なくなったが、彼はまだやっているのか!」などの意見もあり、現役を続行していることに驚くユーザーも少なくなかった。

ほかには、「監督の方が彼より年下なんじゃないか?」「この人が出場したら、相手チームのディフェンスは本気で当たりにいけるのだろうか?」というユーザーや、「もし引退したらそっちの方が大ニュース」という意見もあった。(翻訳・編集/山中)