ヒロミ

写真拡大

11日深夜放送の「キスマイ超BUSAIKU!?」(フジテレビ系)で、お笑いタレントのヒロミが、実子で俳優の小園凌央に、芸能人の親らしいアドバイスをしていたことを明かした。

番組では、昨年12月21日に放送した同番組の企画「今年のうちに怒られに行こう!」の未公開場面を一挙公開していた。

その中で、元保育士の経歴を持つ歌舞伎町のホストが父親に謝罪しに行く様子をVTRで放送。このホストは、保育園経営者の父親の影響で同じ職に就いたが、すぐに転職してしまった事実をずっと隠していたのだとか。

スタジオでは、VTRに関連して、ヒロミが小園とのエピソードを話し始めた。小園は、両親に内緒で事務所のオーディションを受けていたという。

しかし、事務所が両親を連れてくるよう要求したため、ヒロミはその事実を知ることとなったのだ。小園は両親の影響もあって小さい頃から芸能界を志望していたという。

そんな小園に対し、ヒロミは「100%うまくいかない。俺とか、ママ(ヒロミの妻でタレントの松本伊代)は奇跡」「ホントにたまたまで、時代だとか、運だとかそういうのが重なって(テレビなどに)出れるけど、奇跡はそんなに起きないから、何年かやってダメだったときには、ちゃんと違うことも考えとけ」と最初に忠告していたと、芸能人の親ならではの葛藤をのぞかせた。

【関連記事】
松本人志とヒロミが絶賛する女性タレント「この子何やろう!?」「天才だと思った」
ウエンツ瑛士 ヒロミに無視されていたことを告白「オレがいけない」
ヒロミが泣きそうになった中学時代の息子の行動「俺は初めてだったから」