デヴィッド・ボウイの奥さんと娘、ボウイを偲んでタトゥを入れる

写真拡大

デヴィッド・ボウイの奥さん、イマン・アブドゥルマジドと娘のアレクサンドリアは、ボウイを偲びタトゥを入れたそうだ。

◆デヴィッド・ボウイ&イマン・アブドゥルマジド画像

イマンはボウイの命日だった1月10日、「あなたはこの先ずっと私たちの一部。1月10日。#BowieForever #EverAndEver」とのコメントと共にその写真をインスタグラムに投稿した。

17歳になった一人娘アレクサンドリアは腕に、三日月とDaddy xx 1947-2016を、イマンは足首に、柄の部分にDavidと描かれたナイフのタトゥを入れた。
T
イマンはまた、「私のお気に入りのラブ・ストーリーは私たちのもの! #BowieForever #ForeverAndEver」と、ボウイと撮影された写真4枚をスライドにして投稿している。

今年は、ボウイに新たな孫が誕生する予定。息子のダンカン・ジョーンズは10月、奥さんが女の子を妊娠中であることを明かした。ボウイの死からちょうど半年後(2016年7月10日)に誕生した男の子ステントン・デヴィッド君に続く2人目、初めての女の子となる。

Ako Suzuki