悪の組織がもてなす、ハンバーガーのお味とは?

写真拡大 (全3枚)

アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」に、映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』とコラボしたハンバーガーメニューが登場。

音楽を聞きながら料理を楽しめるアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」が、1月5日より上映中の映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』とコラボ。

劇中で、悪の組織ゴールデン・サークルのボス:ポピー(ジュリアン・ムーア)がハンバーガーを振る舞う印象的なシーンをイメージしたスペシャルメニュー、その名も「ポピー バーガー」 が、1月31日までの期間限定メニューとして登場。

「ポピー バーガー」 2,150円(税・サービス料別)

8ozのジューシーなパテに、バーボンウィスキーグレーズ、プルドポーク、チェダーチーズ、ガーリックアイオリ、レタス、トマトをごまバンズでサンドした、ボリューミーな食べ応えのあるハンバーガー。おいしさはもちろんのこと、映画のストーリーのエッセンスがレシピに活かされた、遊び心いっぱいのレシピが映画好きを中心に話題。サイドに添えられた大ぶりのオニオンリングも◎。

ストーリーのカギを握るのはハンバーガー!?


果たしてハンバーガーが劇中でどのような役割を果たすのか? ストーリーとの関連性とは? それは映画を観てからのお楽しみ。メニューを食べてから映画を楽しむか、映画を観てからメニューを楽しむか。もちろん、前後で2回楽しむのもおすすめだ。

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』


<ストーリー>
世界的麻薬組織、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅したキングスマン。残された2人、エグジーとマーリンは、バーボン・ウイスキーの蒸溜所を経営するコテコテにアメリカンな同盟スパイ機関:ステイツマンと合流。さらに、彼らの前には、 死んだはずのハリーまで現れる! 一方、上品な見た目に反して超サイコなゴールデン・サークルのボス、ポピーは、世界中の麻薬使用者を人質にした驚愕の陰謀を始動させていた。果たしてエグジーの前に現れたハリーの秘密とは? そして一流エージェントに成長したエグジーは、敵の陰謀を阻止することができるのか?

TOHOシネマズ 日劇ほかにて公開中
http://kingsman.jp/

ハードロックカフェ 店舗


東京店



上野駅東京店



横浜店


大阪店



ユニバーサル・シティウォーク大阪(TM)店



福岡店