続編でもブレない突き抜け方 『キングスマン』シリーズが示す、“現代の紳士の精神”

写真拡大

 『007』シリーズや『ミッション・インポッシブル』シリーズ、『コードネーム U.N.C.L.E.(0011ナポレオン・ソロ)』…「スパイ映画の当たり年」だった2015年は、これら往年のスパイ作品の新作、リメイク作が次々に公開された。そのなかで、マシュー・ヴォーン監督の『キングスマン』は、監督自身がもともと映画企画として考案したアイディアをコミックにした原作を映画化したもので、ほぼオリジナル作品ながら、これら強力なブランドを掲げたタイトルたちと並ぶ健闘を見せ、意外な展開と、カリカチュアライズされた英国紳士風スパイのキャラクターによって、あまつさえ最も強いインパクトを多くの観客に残したといっていいだろう。

参考:初登場2位『キングスマン』、紆余曲折を経て人気シリーズに成長!

 続編となる本作『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、前作に続いて豪華キャストを配し、全体にまき散らされたユーモア、エロ・グロ含む過激な描写や、イギリスとアメリカの文化のせめぎ合いが引き続き表現された、興味深い作品になっていた。ここでは本作が描いたものを、できるだけ掘り下げて考察していきたい。

 『キングスマン』は、作中で語られた会話の内容や、演出によって示されていたように、『007 スカイフォール』に代表されるシリアスな路線ではなく、お気楽な楽しさがある往年の「007映画」に立ち返ってスパイ映画を作ろうとするコンセプトを持っている。最も荒唐無稽だった、ロジャー・ムーアがジェームズ・ボンドを演じていた時期のシリーズに、1967年の「007」パロディー作品『007 カジノロワイヤル』におけるエログロ・ナンセンスな雰囲気、そこに人種差別問題や格差問題などの現代的エッセンスをも加えている。

 1作目で描かれた、イギリスの行進曲「威風堂々」が流れるなか、人々が次々に印象的な死に方をしていく過激シーン。じつは本作『ゴールデン・サークル』には、この不謹慎ギャグへのエクスキューズとみられる描写がある。前作でスパイ組織キングスマンのメンバーとして世界を救ったエグジー(タロン・エガートン)は、仲間たちと前回の戦いをおさらいする際に、この「威風堂々」の場面を見直し、「これは面白かったよね」と同意を促して白い目で見られるのだ。

 さらに前作では、悪の組織に捕まっていたスウェーデンの王女を助け出すと、王女が「ご褒美」と称して自分の身体を差し出すという、これもまた不謹慎な場面があった。007シリーズでは、ジェームズ・ボンドが行きずりの女性と、その場だけの関係を持つことがお約束となっているが、続編となる本作ではなんと、王女がエグジーと、その後もずっと交際を続けていたことが明らかになる。

 本作では、任務のために敵の恋人である女性を口説いてベッドに誘う展開になっても、エグジーはいちいち王女に電話して「いまから任務で浮気するけど、いいか」と許可を求める。誠実なのか何なのか分からないような行動だが、この不器用な真面目さ、そしてエクスキューズを差しはさむというのは、自分のマッチョな行動を基本的に「反省しない」ジェームズ・ボンドとは異なり、時代に即したヒーロー像だということも印象付けられている。その姿勢が象徴するように本作は、やりたい放題だった前作ほどの突き抜けた過激さには欠けているかもしれない。しかし反省しているように見せかけて、そのベッドシーンでは前作同様に不謹慎なシーンが体験できるので、過激描写に期待するファンは一安心である。

 イギリスには貴族と平民に分けられた、いまだ旧弊な階級社会が存在する。貴族の本来の役目は、王、または女王を補佐し、守ることにある。ジェームズ・ボンドも愛用する、サヴィル・ロウに並ぶ高級紳士服店のテーラード・スーツに身を包んだ、本シリーズの英国紳士スパイ「キングスマン」は、その貴族精神がコミカルに実体化されている。イギリスに英国精神の象徴たる「キングスマン」がいるのなら、アメリカにも米国精神を象徴する存在がいるだろうと、本作で新たなアメリカ(ユナイテッド・ステイツ)のスパイ組織として登場するのが、「ステイツマン」である。このあり得ないほどの単純な発想がすごい。

 キングスマンのメンバーのコードネームが円卓の騎士の名前からとられているように、ステイツマンではテキーラ、ウィスキー、シャンパンなど、酒の名前がメンバーたちに割り振られ、彼らはアメリカン・ウィスキー「バーボン」の中心地である、ケンタッキー州の蒸溜所を本拠地として活動する。ウィスキーを含む、アルコール度の強い蒸溜酒を「スピリッツ」と呼ぶことがあるが、まさにアメリカン・スピリッツを体現する象徴として、バーボンが英国のテーラード・スーツと同じ意味で置かれているのだ。

 東南アジアの麻薬密造地帯だった「ゴールデン・トライアングル」を想起させられる麻薬組織「ゴールデン・サークル」が、キングスマンの今回の敵だ。麻薬の原料となるケシの花を含む花の品種「ポピー」を名乗り、フィフティーズ風のアメリカンな秘密基地で暮らす、冷酷なアメリカ人の首領(ジュリアン・ムーア)の命令によって、キングスマンは再び全滅の危機に瀕する。そこで助力を頼むのがステイツマンなのだが、共闘関係が成立しながらも、キングスマンにとって彼らは「本当に味方なのか」ということがサスペンスフルに描かれる。それは、「味方のような気もするが敵のような気もする」という、多くのイギリス人にとってのアメリカへのイメージが如実に表れていて興味深い。

 ステイツマンのメンバーをチャニング・テイタムが演じるということで本作は話題を呼んでいたが、意外に彼が作中で活躍してくれないという点では、残念だという声が多い。『ハリウッド・リポーター』のタロン・エガートンへのインタビューによると、チャニング・テイタムはスケジュール上の理由で、長期の拘束が必要になる役を演じられなくなったため、その役割の一部をペドロ・パスカルが担うという脚本に差し替えられたということである。ただ続編があるならば、チャニング・テイタムが引き続き出演する構想はあるという。

 ポピーが世界中の多くの人命を人質にしながら突き付ける要求は、違法ドラッグの合法化である。彼女は、酒や煙草も習慣性があり人体に害を及ぼすし、砂糖を摂りすぎるのだって健康に悪い、それらが野放しになってるのは、もともとそれで稼いでいる人間が権力者とつながっているからだと訴える。その主張は乱暴だが、たしかに科学的に人体に害をなすことが分かっているものが商売として成り立っているのは事実である。無茶なキャラクターを出すことによって、現代社会の問題を指摘するというのは、前作から続く試みだ。

 コリン・ファースが演じた、「キングスマン」のベテラン・エージェント、ハリーが「マナーが紳士を作る」と言っていたように、『キングスマン』シリーズが示すのは、「紳士の精神」そのものだ。前述したように「王や女王を守ること」が貴族の役割であり、そのために「国家を守ること」が、007同様にキングスマンの使命となる。しかし、下層階級出身のエグジーにとっては、そのような貴族の義務ではなく、颯爽として悪と戦うハリーのように、自分の信念を持って戦う「本物の男」になりたいという願いが原点にある。国のプライドではなく、世界中の人々の命を守るため、自分にとって大事な人を守るために戦うのが、エグジーの体現する「現代の紳士の精神」である。その姿勢は、本作もブレずに突き抜けていて気持ちがいい。(小野寺系)