CIVILIANが全国ツアーを通して見出したひとつの答え 『Hello,civilians.』ファイナル公演レポ

写真拡大

 12月21日、CIVILIANが恵比寿リキッドルームにて全国ツアー『Hello,civilians.〜全国編〜』を終えた。11月に始まったツアーは北海道から数えて計8公演。全てのライブを大切に巡ってきたという彼らの最終公演には、まるで模索していた答えを見つけ出すような、途方もない暗闇から一筋の光を掴み取るような、そんな過去を肯定しながらバンドのこれからを提示するCIVILIANがいた。

参考:INNOSENT in FORMALが“和製Gorillaz”との期待を集める理由 両バンドの共通点から考察

 CIVILIANは、2016年7月にLyu:Lyuから改名したバンドだ。今回のツアーは、Lyu:Lyu名義でリリースした2013年の『君と僕と世界の心的ジスキネジア』から数えて、4年8カ月ぶりのアルバム『eve』のリリース記念という意味合いも持っている。微細なエレクトロサウンドによるインストゥルメンタル「eve」をバックにメンバーが登場すると、「一般生命論」「残り物の羊」と『eve』の収録曲順に披露していく。「バカバカしくて涙が止まらない曲です。一緒に歌おうぜ」とコヤマヒデカズ(Vo/Gt)が紹介したのは、メジャーデビューシングル曲「愛/憎」。有田清幸(Dr)のドラムは叩きつけるように、純市(Ba)のベースはゴリゴリに低音が響き、コヤマのボーカルはまるで吐き捨てるように言葉を投げつけていく。

 この日のセットリストは、『eve』の収録曲を中心に構成しながら、Lyu:Lyuとしての楽曲、コヤマがナノウ(ボカロP)として発表した楽曲も組み込まれていた。クラップとファンによる合唱が起こった「ハロ/ハワユ」は、ナノウの代表曲をCIVILIANとしてバンドアレンジにリメイクしたもの。この日演奏された「文学少年の憂鬱」や「3331」もそうだ。

 フロントマンであるコヤマの楽曲には一貫して、彼の過去や日々の中で感じた喜怒哀楽、コンプレックス、劣等感が表現されている。最新のシングル曲「赫色 -akairo-」、3人にとって大切な曲だという「生者ノ行進」にも彼の感情はありありと表れている。コヤマは葛藤の末にできた「生者ノ行進」でマイクをオーディエンスに預け、「勇気をもってみんなの前で歌ってみたら、想像以上に声を返してくれて。この曲を作って本当によかったなと思いました」と叫ぶ。本編ラストのMCでコヤマは、CDを出すこと、ライブをすること、全てが当たり前のことではなかったと振り返った。「それからの俺たちは、ずっと、ずっと明けないような長い夜を彷徨ってた気分でした。いつになったら朝日は照るんだろうとか、いつになったらこの作った曲たちは聞かせられるんだろうとか」「俺たちにとって今までもがいてきた全てと、汗と血の結晶です。1stアルバム『eve』をどうか末長くよろしくお願いします」。そう言って、バンドは「明日もし晴れたら」を演奏した。

 コヤマの歌詞には、「死」が多く描かれる。『eve』のラストを飾る「明日もし晴れたら」ではコヤマのギターがつんざく音色で唸りを上げる。死を見つめ、絶望も悲しみも知ったコヤマは、誰よりも生きるということを強く歌うことができる。そして鬱々としたコヤマの歌詞は、最後には一筋の希望へと向かう。<明日もし晴れたら/外へ買い物でも行って/帰りにあの店にも寄って>という歌詞で本編が終わったように。

 アンコールでは、オーディエンスの“聴きたいと思ってくれた気持ち”に対して「ディストーテッド・アガペー」「暁」の2曲を届ける。「今やっと、このツアーを通して俺たちCIVILIANとしてのバンドの身体の中に流れてる血液が正しく循環を始めている気がしてます」と、コヤマは全8公演に足を運んだ全てのファンに感謝を述べる。アンコールで披露した2曲は、Lyu:Lyu名義の楽曲であり、「暁」は3人にとって“始まりの曲”。さらに、鳴り止まぬ声に応えたダブルアンコールでは「俺たち3人が集まって、何も分かんないまんまで、がむしゃらにジャムって、一番最初に作り上げた曲を、最後にやって終わりたいと思います」とコヤマが告げ、「空 -カラ-」を演奏する。

 たとえバンド名が変わろうとも、3人が鳴らす音、届けるメッセージに変わりはない。そんな、見失ってしまっていた当たり前のことを、3人は全国に届けるために、自分たちがその答えを見出すためにツアーを巡っていたのだ。『Hello,civilians.』というツアーを経て、CIVILIANは次のステージへ歩みを進める。(渡辺彰浩)