ごく一般的な健康情報として、「お酒と油物の組み合わせ」は肥満や生活習慣病のリスクを高めるとされていますし、もちろんこれは間違っていません。でも特に男性陣は飲み会の時にこそ油物をがっつり楽しみたいのが本音ではないでしょうか。飲み会でサラダばっかり食べているのは、なんとなく楽しくないのでは。そこで、油物を上手に利用して二日酔いを防ぐ、という発想の転換をしてみるのは如何でしょうか。

一番してはいけないのが「空腹×アルコール」

男女関係なく、飲み会で食べ過ぎや飲み過ぎの原因になるのが直前に空腹であることです。お腹を空かせておくのにも理由があるでしょう。せっかく飲み会なんだからたくさん飲み食いしたいとあえてお腹を空かせておく人。どうせ飲み過ぎ食べてすぎてしまうからと、昼食や朝食をあえて減らしている人。たまたまものすごくお腹が空いた状態で夜を迎えた人。理由はどうであれ、空腹にアルコールを流し込むのは一番避けたいこと。消化器官から急激にアルコールが吸収され、すぐに気持ちよくなってお酒が進むだけでなく、血中のアルコール濃度が急上昇し、やがて頭痛や吐き気など、いわゆる悪酔い状態に悩まされるようになります。飲み会の前こそあえてお腹を軽く満たしておく。その方が飲み過ぎ食べ過ぎ、二日酔いを防ぐことを頭に入れておきましょう。

油物がアルコールの吸収をおだやかにしてくれる

お酒を飲んで摂取されたアルコールのうち、5%は胃で、95%は小腸で吸収されます。そのため空きっ腹でアルコールを摂取すると、胃からすぐに小腸へと流れ込み、急激に吸収された結果、血中のアルコール濃度は急上昇してしまうのです。なので、いかにアルコールを胃に止め、小腸への流れ込みを遅くするかが、アルコールの吸収を穏やかにするポイントとなるのですが、そこで活躍してくれるのが他でもない油物です。油物に含まれる油分は、胃での吸収時間が非常に長い性質があり、それに伴い分泌される消化管ホルモンの作用により胃の中を撹拌する働きもあります。これにより、油物が取り込まれたアルコールの吸収を穏やかにし、悪酔いを防いでくれるというわけです。

カルパッチョや焼き鳥なども食べ過ぎなければOK

アルコールの吸収を穏やかにする油物というと、乳製品に含まれている脂肪分が効果的であると言われていますが、乳製品だけでなくとも、牛や豚などの肉類、もしくはマヨネーズやオリーブオイルなどの油調味料を使用した料理などでも、アルコールの吸収を穏やかにしてくれるためおすすめです。油物は食べ過ぎることで生活習慣病等の原因になることもありますが、わたし達を悪酔いから守ってくれる効果的な食べ物でもあるのです。

お酒の席では、最初の1杯の時に上手に油物を食べながら、なるべく早くお腹を満たしてしまい、トータルで食べ過ぎ飲み過ぎに注意すると良いでしょう。


writer:サプリ編集部