TDKは高性能の慣性センサーを提案し、VR・ARゲームの市場を開拓

写真拡大

 電子部品メーカー各社が、センサーを中心としたソリューションビジネスを本格化している。近年、ヘルスケアや仮想現実(VR)、スポーツなど新たな市場でセンサーの需要が増している。ただ新分野であるため、顧客側から具体的なニーズが出にくい状況にある。そこで各社は荷重や方位を検知できる特徴的なセンサーを組み合わせてソリューションを展開。協業先も増やし、課題解決に向けた用途を相次いで提案している。

生体情報を検知、介護市場を開拓
 ミネベアミツミは荷重センサーを中心に介護市場を開拓している。生体情報を検知するベッドセンサーシステムを構築し、2018年度から国内の介護施設向けに本格的に展開する。

 このセンサーに可能性を感じたリコーもビジネスへの参加を決めた。将来は医療や育児業界に対象を広げる考え。さらに他のセンサーも組み合わせることで、心拍情報や位置情報などを含めた統合型の情報サービス基盤へと昇華させる。

 足元で力を入れているのは、荷重センサーの性能向上。すでに従来製品比で5倍の感度を持つ高感度センサー「ミネージュ」を開発した。わずかな荷重や加圧を検知でき、細かな制御につながる。小型化・高感度化ができれば、従来のセンサーを代替できると期待が大きい。例えば、ロボットが豆腐を持ち上げることも可能になる。

 ミネベアミツミの加々美道也取締役常務執行役員は「競合は単品の荷重センサーではなく、半導体市場だろう」と語る。半導体製造技術を応用した微小電気機械システム(MEMS)センサーの検出領域まで進化させ、数年後までに数百億円超の売り上げを見込む。貝沼由久会長兼社長は「数百億円は控えめな目標。いずれ数千億円のビジネスになる」と力を込める。

 村田製作所も仮想センサーを中心とするプラットフォーム(基盤)ビジネスに乗り出した。ITベンチャーのウフル(東京都港区)と連携し、仮想センサー基盤「NAONA(ナオナ)」を構築。センサーから取得した音声データを基に、曖昧だった場の盛り上がりや雰囲気を判定する。温湿度センサーなどを追加すれば分析対象を拡大できるという。最終的には無線通信モジュールなど既存の部品事業とのシナジーを狙う。

慣性センサーでAR・VRゲームに
 センサーを基点にしたデータビジネスが活発化する中、センサー同士や他の電子部品と組み合わせたソリューションも期待されている。特に加速度や角速度を検知し、物の動きや動きの速度を捉える「慣性センサー」の注目度が高い。

 TDKの慣性センサーは業界最高峰の精度が強みだ。例えば、VRゴーグルを装着してゲーム内で体を360度回転させた場合と、現実世界で360度回転させた場合では、位置のズレがほとんど発生しないという。このズレの軽減が、VR利用時に体調が優れなくなる“VR酔い”を防ぐことにつながる。

 VRや拡張現実(AR)を使ったゲーム市場では必須のセンサーだ。慣性センサーの性能向上は、新しいゲームソフトやアプリケーション(応用ソフト)の創出につながりそうだ。

 アルプス電気はスポーツ分野で慣性センサーなどを使ったソリューションを提案する。例えば、緻密な計測は難しいとされた野球の投球などに対し、新しい測定方法を編み出した。センサーモジュールを野球ボール内に搭載することで、投げたボールの球種や球速、回転数などを算出。感覚でしか確認できなかったボールのキレや伸びといった変化を定量的に計測できる。

 こうした技術は、同社の慣性センサーや磁気センサーを組み合わせた9軸センサーが要となっている。木本隆専務は「実際に使われるシーンを細部まで想像し、ソリューションにしている」と語る。トレーニングなどでの利用を想定し、顧客の要望を取り込んでパッケージ化する計画だ。